【全国高等学校漫画選手権 まんが甲子園・優勝】宇都宮文星女子高等学校

進路のミカタ / 2019年10月18日 12時2分

写真

第28回目の開催となった「全国高等学校漫画選手権 まんが甲子園」。3人~5人でチームを組み、決勝戦のテーマ「元年」に沿った作品を制限時間内でつくり上げます。今年3回目の出場で見事初優勝を飾った、宇都宮文星女子高等学校。優勝メンバーである3年生の櫻井香澄さんと西根依香さん、2年生の小田芽咲さんと小川いつきさんにお話を伺いました。

■コミュニケーションと事前準備が優勝につながった

―― 優勝された感想をお聞かせください。

櫻井:私は1年生のときからまんが甲子園に出場していて、今回で3回目の参加になります。1年生のときは何も分からずに先輩方に引っ張ってもらった感じでしたし、2年生では予選で敗退してしまい、本選に進むことができませんでした。その昨年の悔しさもあって、今回本選に出場でき、さらに優勝することができて、本当に信じられないくらいうれしかったです。

西根:まさか優勝できるとは思っていなかったので、優勝が決まって私たちにスポットライトが当たった瞬間、頭の中が真っ白になってしまいました。私は今回初めての参加で、他のメンバーに頼ってしまった部分もたくさんありました。でも優勝できて本当にうれしいし、とても良い経験ができたと思います。

小田:私も昨年参加したのですが、予選を通過できずにとても悔しい思いをしました。そんな中で優勝という大きな賞をいただけてとてもうれしかったです。

小川:私は今回予選作品の制作途中からの参加で、みんなの足を引っ張ってしまうのではないかとすごく不安でした。でも、才能あるメンバーと一緒に優勝という素晴らしい結果が出せて、みんなで喜びを分かち合えたことが本当にうれしいです。自分が優勝メンバーの中にいるのが信じられないくらいです。すごく良い経験をさせてもらいました。

―― 優勝できた一番の要因は何だと思いますか?

櫻井:本選の当日まで、先生も含めメンバー全員でずっとネタの練り直しをしていました。1日目の一次審査の後も夜中まで考え直して、翌日の決勝戦でもギリギリまでネタをブラッシュアップさせ、作画中も「本当にこれでいいのか」とみんなで考えながら作品をつくりました。そうやって最後の最後まで諦めずにネタの精度を上げていったことが、優勝という結果に結びついたのだと思います。

西根:本選当日になると、色や柄など「もっとこうした方がいい」という部分が出てくるんです。そんなときもみんなで相談しながら、すぐにつくり直すことができました。優勝できたのは、良い作品をつくるために妥協せず、ギリギリまで意見を出し合えたメンバーのおかげだと思っています。

小田:本選までにしっかり準備ができたことだと思います。本選では5時間半という制限時間内に作品を完成させなければならず、慣れていないと手間取ってしまいがちです。でも、先生や先輩方に教えてもらいながら事前に準備をして、本番ではスムーズに作業を進めることができました。

小川:制作にあたっては、人物や文字、色などそれぞれ担当を決めていました。でも「自分の担当部分が完成したから終わり」ではなく、全員が細かいところまで気を抜かずに制作できたと思います。人任せではない、「最後まで諦めずに頑張ろう」という強い気持ちを持つことができました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング