【2019高校総体・優勝】バスケットボール(女子) 桜花学園高等学校

進路のミカタ / 2019年10月21日 12時4分

■5人の力が調和したことで大差の勝利に

【監督・井上先生インタビュー】

―― 優勝後、選手たちにどのような言葉をかけられましたか?

個々の選手に対して良かった点や今後の反省点を伝えたくらいですね。インターハイ後も国体やウインターカップが控えているので、優勝したからと言ってあまり特別に褒めることはありません。選手たち自身もすぐに次の試合に向けて切り替えています。


―― 日頃の練習ではどのようなことに注意して指導されていましたか?

フォーメーションを組んで攻める「セットオフェンス」を意識していました。特にライバルである岐阜女子高校向けには、特別な陣形をいくつか用意して練習に取り組みました。メンタル面においては、キャプテンも含むスターティングメンバーの3年生2人にもっとリーダーシップを発揮してもらうため、厳しく指導にあたりました。

また、毎年インターハイの直前にはそれぞれの選手に手紙を書いて渡しています。どんな役割をすべきかといった激励の内容ですが、普段褒めて育ててはいない分、指導者としての思いが伝わればと続けている習慣です。


―― 一言で表現するなら、どのようなチームだと思われますか?

メンバー5人の「調和」だと思います。バスケはシュート・ドリブル・パス、全ての要素がつながることで力を発揮できるスポーツです。良いパスがあるからこそ良いシュートができる。誰かが抑えられれば他の誰かが補って活躍するといったことです。
今回のインターハイでも選手一人ひとりがそれぞれのポジションの役割をきっちりこなしたと思いますし、実際に準決勝までは100点ゲームで大差の勝利でした。決勝戦だけは少し競りましたが、それでも想定内の点差だったので、チームの実力を示せたのではないでしょうか。


―― 今後、優勝した経験をどのように生かしてほしいと思われますか?

ウインターカップに向けて、個々人にもっと成長してほしいと思っています。もう2段階はレベルアップできるはずです。日本のチームは桜花に勝ちたいと思って出場しますから、相応のメンタルも必要です。インターハイチャンピオンだからとおごらず、自分たちこそが挑戦者だという気持ちで進んでほしいですね。


強豪校として圧倒的な強さを見せつけてインターハイを優勝した後も、勝利に酔うことなく次の目標に向かって即座に突き進んでいる桜花学園高校。監督の厳しくも温かい指導を受ける彼女たちは、王者でありながら挑戦者のごとき強い気持ちで、ウインターカップでも活躍を見せてくれることでしょう。


【profile】桜花学園高等学校 バスケットボール部
監督 井上 眞一 先生
キャプテン 平下 愛佳さん(3年)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング