【シゴトを知ろう】小売店店主 編

進路のミカタ / 2020年3月19日 12時5分

写真

将来について考えたとき、「自分のお店を持ってみたい」「自分が選んだものを売る仕事がしたい」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。今回は、日本茶専門店「Nakamura Tea Life Store」の代表・西形圭吾さんにお話を伺います。お店をオープンさせるまでのストーリーにも注目です。

■地元の日本茶の良さを、東京の人々へ

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
東京の蔵前というエリアで、日本茶の専門店を経営しています。日本茶は「合組(ごうぐみ)」と言って、さまざまな生産者の茶葉を産地でブレンドするのが一般的です。このお店のコンセプトは、「いつ、どこで、誰が、どうやって作ったかが分かるお茶」。故郷の静岡県藤枝市にある、友人の農家が生産した茶葉だけを販売しています。

私は店主として、生産者との収穫時期の相談や商品開発をはじめ、お店の経営に関する全てを行っています。接客に関しては、従業員に任せている部分もあります。

 <一日のスケジュール>
11:00 出勤 開店準備
12:00 開店 接客など
16:00 打合せ 企業担当者とコラボ企画の相談 
19:00 閉店、片付けや事務作業
21:00 退勤

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
商品として扱っているのは、ふるさと・藤枝のお茶。自分の仕事を通じて、地元の友達・家族に貢献できることがやりがいです。もとはオンラインショップとしてスタートしたのですが、対面で直接販売して感想をもらえるのはうれしいですし、大事なことだと感じています。

当初、「東京の人々にまだ知られていない日本茶の良さを浸透させよう」という気持ちでスタートしたので、実際にお客さんが来てくれることで、思い描いた未来に近づいているという実感を持てたのも良かったと思います。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

今日売れたものが、明日売れるか分からないという点です。お茶は私たち静岡県民にとっては暮らしに欠かせない「必需品」ですが、一般的には毎日飲まなくてもいい「嗜好品」。
1回買えば、消費するのに1カ月くらいかかるので、購入頻度も高くありません。

目先の売上に走ったほうがいいのか、ずっと変わらないスタイルを貫いたほうがいいのか、悩むこともしばしばです。

■表現するスキルを、「自分が伝えたいこと」のために

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?
 
もとは、デザインや映像制作の仕事をしていました。それまでのキャリアで培った「誰かが伝えたいこと」を表現して伝えるというスキルを、「自分が伝えたいこと」のために使いたいと考えたのが、新しい事業に挑戦したきっかけです。

茶農家を継いだ小学校からの友達が、家業に対して前向きになったタイミングだったので、「できることから一緒にやろう」とオンラインショップを立ち上げました。やがて「味の確認をしたい」といった問い合わせが増えたので、商談ができるショールーム的な場所になればと思い、実店舗をオープンさせました。
 
 
Q5. 専門学校では何を学びましたか?
 
デザイン専門学校のインテリアデザイン科に2年間通いました。学んだのは、デザインの基本的なことから、商業施設や店舗のレイアウト・インテリアなどについてです。卒業制作では、自分で考えたカフェのインテリアを模型にしたことを覚えています。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校の時、特に夢がなくて、バンド活動をしたり、サーフィンをやってみたり、「もっとおもしろいこと」を探していろいろなことにトライしていました。いつも気心の知れた友だちと遊んでいたので、「みんなとずっと一緒にいたい」という思いは強かったと思います。今のお店も、小学校からの友達が生産したお茶を販売しているので、そこは繋がっていますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング