【シゴトを知ろう】コピーライター ~番外編~

進路のミカタ / 2020年4月10日 12時7分

写真

「【シゴトを知ろう】コピーライター 編」では、合同会社コトリ社の代表であり、「毎日広告デザイン賞最高賞」や「カンヌ国際広告祭ゴールド」などを受賞したコピーライターである坂本和加さんに、仕事の内容ややりがいについて伺いました。

番外編では、独立のきっかけや、自分の考えたコピーとの意外な向き合い方、コピーライティングをする際に考えるべきことなど、本編では書ききれなかった気になるQ&Aをたっぷりお届けします。

■大きな組織の一人ではなく、自分の名前で勝負したかった

―― 2016年に独立し、「コトリ社」を立ち上げた坂本さんですが、独立の経緯を教えてください。

独立するまで4社を渡り歩いて修行を積んだのですが、最後は一倉宏さんという、コピーライター界の巨匠の弟子として13年ほど働かせていただいていました。とても有名な方なので、入ってくる仕事という観点からも非常にいい経験になりましたし、その方はオフィスを構えてフリーで働いていたので、コピーライティングの技術だけではなく、フリーランスの働き方というものもしっかり学ぶことができました。

もともとフリーランス思考が強かったので、4社を転々としていた間はずっと「いつかは独立」と考えていました。ときには「会社勤めもいいかも」と揺れることもありましたが、それだと大きな組織の一人になってしまう。せっかく素晴らしい師匠のもとで修行したのだから夢を叶えたいな、という思いが強くなったので、独立の道を選びました。
 
 
―― いいコピーを思いつくためには、どういった心構えや工夫が必要なのでしょうか?

依頼してくださったお客様が喜んでくださり、商品が売れていくことが全てなので、「自分が」という意識はほぼありません。それでもあえて意識的なものを挙げるとしたら、「いかに自分でない誰かの気持ちになれるか」ということでしょうか。コピーライターはある意味でサービス業なので。また年齢を重ねてきているので。経験で書く、というのもとても大事ですよね。

たとえば女子高生向けの商品を売るためのキャッチコピーだったら、「このコピーを見た女子高生はどう思うかな?」とか。もちろん自分が女子高生だった時も思い出します。そのあとこのコピーを見て傷ついたり怒ったりする人がいないかなとか。コピーを見てハッピーな気持ちになる人が一人でも多くなってほしいし、商品のターゲット層でない人もちょっとうれしくなってもらえたら最高ですよね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング