【シゴトを知ろう】Webデザイナー 編

進路のミカタ / 2020年4月13日 12時5分

写真

インターネットで気になる大学や専門学校、話題の映画やアプリなどについて調べていると、どの学校や企業、サービスも、それぞれきれいなWebサイトを公開していることに気づきます。これらのデザインを手掛けているのが、Webデザイナーです。Webサイトを見るユーザーが「かっこいい!」と感じるデザインは、どのように作られているのでしょうか。株式会社エムトラッドのWebデザイナー・大澤知真さんにお話を伺いました。

■デザイン制作とIT分野のコーディングがWebデザイナーの仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
Webサイト制作のうち、システム以外のデザイン部分を担当するWebデザイナーの仕事は、大きく2つに分かれます。1つ目は、文字どおりWebサイトのデザインを制作すること。2つ目は、HTMLやCSSといった「マークアップ言語」を使って、それらのデザインをブラウザ(Webページを閲覧するソフト・アプリ)上に表示させるよう「コーディング」する作業です。

新しいWebサイトを一から作る案件だけでなく、過去に納品したサイトにページを追加するような案件もあります。

<一日のスケジュール>
9:00 出社 メールチェック、社内の定例ミーティングなど
12:00 昼休み
13:00 デザイン・コーディングなどの作業、お客様へ制作物の確認
19:00 帰宅

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
お客様に満足いただける仕事ができたときに、やりがいを感じます。一連の制作が終わったあと、お客様に直接「いいWebサイトができましたね」とお声掛けいただけると、「次もがんばろう」というモチベーションにつながりますね。
 
 
Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
納期が非常に短い案件でも、デザインの質を落とさないよう制作しなければならないのは、大変だと感じることもあります。ただ、そうしたときにも「人に指示されているから、仕方なくやろう」と考えるのではなく、「自分自身が楽しんでいいものを作ろう」という気持ちを持てれば、つらさを乗り越えられますね。

■デザイナーを目指したきっかけは大学のサークル活動

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?
 
大学2年生のとき、学園祭実行委員としてパンフレットを制作したことをきっかけに、グラフィックデザインに関心を持ち、将来の仕事にしたいと考えました。

デザインを専門的に学ぶため、大学卒業後は専門学校へ入学。そこでWebデザインの授業を受け、関心の幅がさらに広がりました。私たちの日常生活でインターネットが必須になっている中、Webデザインの重要性はこれから一層増すのではないかと考えたんです。

専門学校を卒業するときには、グラフィックデザイナーとWebデザイナー両方の採用募集に応募。最終的に、現在所属しているエムトラッドに、Webデザイナーとして就職しました。
 
 
Q5. 専門学校では何を学びましたか?
 
2年間の授業や実習を通じて、デザインの知識や技術を身に付けました。具体的には、写真や文章などのさまざまな要素を、限られたスペースへきれいに配置するレイアウトの方法を学んだり、「どのような配置がきれいか」という感覚を磨いたりしましたね。
 
 
Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
高校生のときには、正直なところ、あまりはっきりとした夢は持てていませんでした。ただ、その時々にやりたいことには、全力で打ち込んだんです。

高校のときには大学受験、大学に入学してからは学園祭実行委員の仕事をがんばった結果、「デザイナーになる」という夢が生まれたので、ある意味、高校時代の自分と今の仕事は、遠いところでつながっているのかもしれません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング