【シゴトを知ろう】OAインストラクター ~番外編~

進路のミカタ / 2020年4月20日 12時12分

写真

「【シゴトを知ろう】OAインストラクター 編」では、ヤマダパソコンスクールの品川大井町校で勤務されている金木昭子さんに、OAインストラクターのお仕事内容や魅力などを伺いました。番外編では、お仕事中のこだわりや今後の目標などをお伺いします。

■まずは受講生の話を聞くことが大切

―― 仕事中、こだわってやっていることはありますか?

受講生のお話をきちんと伺うことです。常に、まずは受講生のお考えやご要望、ご不明点などをお伺いした上で、ご案内やご説明をさせていただきます。一方的なご説明は不快な思いをさせてしまいます。

また、レッスン前後のコミュニケーションも大切にしています。私は以前に群馬県にいたのですが、現在、レッスンのために毎月東京まで新幹線で通ってくださる方もいます。本当にありがたい話です。したがって、レッスンだけしてすぐ終了、という味気ない時間にならないように心掛けています。

―― 受講生にはどんな方がいらっしゃいますか?

小学生から就職活動をする人や、80歳くらいの方まで、幅広い年齢層の受講生様がいらっしゃいます。「資格を取得したい」「撮った写真を加工してみたい」などの明確な目的を持って通っていらっしゃる方がほとんどです。そのため、レッスンでは受講生が学びたい内容にポイントを絞って指導していきます。そして、それをマスターした段階でプラスのご提案もしています。例えば、写真加工をしてみたいと思っていた方には、応用技術として、動画を作ったりDVDに焼いたりする方法もご提案します。無駄がなく、かつ学んだことをより便利に活用していただけるようなレッスンにしていきたいと思っています。

■最新の情報を知っていることで生活が便利で豊かに

―― 一緒に働いている人は、どんな人が多いですか?

仕事柄、思いやりがあって気の利く人ばかりです。また、特に男性のインストラクターには、機械好きの人も多いように思います。そのような人にとっては、いつでも最新機種を試せるこの仕事は天職かもしれませんね。


―― この仕事に就いて良かった点を教えてください。

この仕事は最新の機器やソフトウエアも扱うため、常に最新の情報を知っているという点です。仕事でもプライベートでもパソコンやスマホが使えることで、効率よく情報にたどり着くことができたり、生活が便利で豊かになったりしています。もしこの仕事に就いていなければ、パソコンやスマホには興味を持たず、ここまで使いこなせていなかったかもしれません。


―― OA機器について何かアドバイスはありますか?

パソコンもスマホも、1日1回はきちんと電源を切ってみてください。テレビは毎日電源を切るけれど、パソコンやスマートフォンはずっと電源を付けっ放しという方が意外と多いのではないでしょうか。電源を定期的に切るだけで、機器は安定するものです。いろいろな不具合が起きていても、それだけで直ってしまうケースも結構あります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング