「リーグ・オブ・レジェンド部門」優勝はN高等学校! 第2回 全国高校eスポーツ選手権 決勝大会

進路のミカタ / 2020年1月17日 12時2分

写真

オリンピック種目に検討されるなど世界的な盛り上がりを見せる「eスポーツ」を、日本の新しい文化にしたいという思いから2018年に始まった「全国高校eスポーツ選手権」。その第2回大会の決勝大会が2019年12月28日、12月29日の2日間に渡って開催されました。今回は29日に開催されたリーグ・オブ・レジェンド部門の模様をレポートします。

■オンライン予選大会を勝ち抜いた強豪校が集結

「全国高校eスポーツ選手権」の参加資格は、日本国内に在住する高校生で、チームメンバー全員が同じ学校に在籍していること。競技ルールで定められた人数を編成してチームで参加することが義務付けられています。
競技ゲームは「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」の2タイトル。それぞれオンライン予選大会で勝ち残った4チームが決勝大会に駒を進め、東京都渋谷区のEBiS303を舞台にしたオフライン決勝大会に挑みました。
 決勝大会のオープニングでは、スペシャルサポーターのケイン・コスギさんや、応援サポーターのアイドルグループ22/7(ナナブンノニジュウニ)のメンバーが決勝大会への期待感を語り、出場チームの代表者が意気込みを熱く語りました。

■世界的に愛されるリーグ・オブ・レジェンド

リーグ・オブ・レジェンド部門は2019年8月からエントリーが始まり、119チームが参加。11月にインターネット上で開催した予選大会で、クラーク記念国際高等学校秋葉原ITキャンパス、N高等学校、横浜市立南高等学校、豊田工業高等学校が決勝大会に進みました。
 リーグ・オブ・レジェンドは5対5で争う対戦型PCゲームで、通称「LoL(ロル)」と呼ばれ、世界中で最もプレイされているゲームの一つです。2009年に稼働が始まり、2019年に10周年イヤーを迎えました。
ゲーム内容は「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターを操作。チームの仲間と協力して敵チームの本拠地に攻め込み、先に相手の本拠地を破壊したチームが勝者となります。チャンピオンには141体のキャラクターがあり、試合前のチャンピオンの選択から敵チームとの駆け引きが始まります。プレイ時間は30分から1時間と長期戦となり、序盤、中盤、終盤で、めまぐるしく戦局が変わります。かなり複雑なゲームですが、解説者と実況者が分かりやすく試合展開を分析することで、ゲーム未経験者でも試合を楽しむことができます。
本大会では試合に出場する5人の他にコーチ1名もエントリーすることができて、コーチは選手を兼任することもできます。今回は4チームとも6人エントリーで決勝大会に臨みました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング