【シゴトを知ろう】パティシエ 編

進路のミカタ / 2020年6月2日 12時6分

写真

美味しい食事を締めくくる、色とりどりのデザート。見ているだけでも幸せな気持ちになりますよね。「デザートは別腹」という言葉もあるくらい、どんなにお腹いっぱいでもペロリと食べることができるから不思議です。
今回は、そんなデザートを作る人である「パティシエ」の仕事を紹介! レストラン「セルサルサーレ」でパティシエとして働く、芳賀龍さんにお話を伺いました。

■チームで働く上では、コミュニケーションが重要

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
私は、恵比寿の「セルサルサーレ」というレストランで、デザートや料理を担当しています。基本的には、夜のみ提供しているコース料理のデザートを作っています。
店に出勤したら、まずデザートや料理の仕込みです。アイスクリームやソースの準備、料理の仕込みでは前菜や、スープやソースとして使う野菜のソースなどを作っています。

そして、営業中は作るだけではなく、接客サービスも大切な仕事です。チームみんなで協力して、おいしいコースを提供していきます。

<1日のスケジュール>
10:30 仕込み(料理・デザート)
16:00 まかないを食べ休憩
17:30 営業開始
料理・デザート作り
接客
23:00 閉店後、片付け・発注業務など

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
自分たちが「よい」と思ったものを作れて、みんなで協力して満足できるサービスが提供できたときはとてもうれしいですね。お客さんに対して、自分たちの100点に近い料理や対応ができていると感じられると、やりがいになります。
また、「セルサルサーレ」はオープンキッチンなので、お客さんが食べているときの反応を目の前で見られるのも楽しいです。「おいしい!」と言ってもらえたときはもちろん、表情からもそれがうかがえたときは、こちらもうれしくなります。
 

Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
やはり、肉体労働が仕事のメインなので、疲労を感じることもあります。しかし、経験を積んで慣れることで、そうした疲労はカバーできるものだと思っています。 

また、チームで働く上ではコミュニケーションがとても重要です。次の料理を出したり、お皿を下げたりといった次の行動を、お互いに伝え合わなければなりません。忙しい中で的確に伝えるのは、ときに大変さを感じますね。

■専門学校で過ごした時間全てが今につながっている

Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか?
 
中学生の頃、土曜日の部活終わりには、自分で昼食を作るのが習慣でした。そのとき作ったオムライスなどを家族に味見してもらっていたのですが、まだ小さかった弟が「おいしい!」と言って食べてくれるのが、とてもうれしかったんです。これが、料理に関わる仕事を志したきっかけですね。

公立高校に進学し、卒業後、料理とお菓子の専門学校へ入学しました。その中でパティシエの道を選んだのは、数ある料理の中でも、デザートが一番好きだったからです。2年間学んで卒業し、この業界に入りました。
 

Q5.専門学校では何を学びましたか?
 
「将来はパティシエになる」と決めていましたが、おいしいデザートを作るためには料理全般の基礎を学んだ方がよいと考え、専門学校では、製菓製パン・料理・ドリンクなどを総合的に学べる学科を選択しました。
実習が8割の学校でしたので、基礎技術や知識を詳しく学ぶことができました。何より、同じ道を志す人たちや、その道のプロである先生方と出会えたことは、今の自分にとってとても大きな財産になっています。また、専門学校時代にパリへ2度研修に行けたことも、大きな経験でした。専門学校で過ごした時間全てが、今の仕事につながっていると感じます。


Q6. 高校生のとき抱いていた夢が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか?
 
漠然と、「広い世界を見たい」と思っていました。職人技術を持って、国内国外に関わらず、どこでも生きていけるような人に憧れていました。今もその感覚は変わらず、パティシエとして、世界を舞台に仕事をしていきたいと考えています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング