やるべきことをやっていれば行くべきところにたどり着く・シェーファーアヴィ幸樹選手インタビュー

進路のミカタ / 2020年3月16日 12時13分

写真

205mという恵まれた体格で、昨年行われた世界大会でも八村塁選手と共に最年少で代表参加。これからの代表やBリーグでもさらなる活躍が期待される、滋賀レイクスターズのシェーファーアヴィ幸樹選手に、学生時代や代表時のお話などをいろいろと伺いました。

■U18代表に呼ばれたことで本格的にバスケの道を進もうと考えるように

―― バスケを始められたきっかけを教えてください。

中学までずっとサッカーをしていたのですが、入学した高校のクラブがあまり強いチームではありませんでした。1年生の時は所属していたのですが、どこか物足りなくて……。その時にちょうど勧誘されていたこともあり、バスケを始めてみました。高校の時に通っていたインターナショナルスクールはシーズン制なので、オフシーズンの間に別のスポーツをやるんですが、気軽に5対5をやるようになって、意外と楽しくなっていったんです。


―― バスケを本格的にやっていこうと思ったのは、アンダーの日本代表に呼ばれてからですか?

そうですね。初めてU18の代表に呼んでもらって、一番最初の大会でドイツに行ったときにアメリカ代表とも対戦して、意外と手応えを感じたというか。「バスケでやっていけるんじゃないか」と思って、そこからバスケを意識して進路を考えるようになりました。

―― そもそも代表に呼ばれたのはどういう経緯だったんですか?

インターナショナルスクールは、ウインターカップなど高校の大会に出られないので、そもそも代表関係者の方に観てもらう機会はありません。ただ、僕が所属していたクラブチームがU16の日本代表と試合をする機会があって、その時に代表のコーチだったトーステン・ロイブルさんが声を掛けてくれました。
僕は当時まだバスケを始めて間もなかったので技術的には代表なんてレベルじゃなくて、初めて呼んでもらったときもボコボコにされて全然何もできなかったんですけど。ロイブルさんはそんな中でも期待してくれて呼び続けてくれたので、本当に感謝しています。

■勉強・バスケと忙しくすることで集中

―― インターナショナルスクール時代はどんな生活を送っていましたか?

僕はゲームが好きだったので、家に帰ったら友達とSkypeでゲームをしていました。勉強は物理が好きだったので、頑張っていましたね。僕の通っていたスクールは世界的に有名なIBプログラム(*)というのを導入していて、僕もIBプログラムを選択していました。僕は暇があるとそれこそゲームをやりすぎちゃったりルーズになってしまうので、勉強やバスケがあったりと忙しい方が集中できるんです。

*IBプログラム:グローバル化に対応できるスキルを身に付けた人材を育成するため、行われる国際的な教育プログラム。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング