距離感の近さがラジオの魅力! 『SCHOOL OF LOCK!』さかた新校長・こもり新教頭インタビュー

進路のミカタ / 2020年3月26日 12時4分

写真

ラジオの中の学校として15年前に開校した、TOKYOFM/JFN全国38局ネットで放送されている番組『SCHOOL OF LOCK!』。月曜日から金曜日の夜10時にラジオをつけると、誰でも生徒として参加できます。この春からは新パーソナリティーとして、新校長に芸人のサンシャイン坂田光さん、新教頭にGENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼さんが就任されます。お二人に、現在のお気持ちや、『SCHOOL OF LOCK!』をどのようなものとしてとらえているかなどを伺いました。

■さかた校長・こもり教頭の就任は、夢のような気持ち

―― 『SCHOOL OF LOCK!』の校長・教頭に就任されることになったお気持ちを教えてください。

坂田:本当にめちゃめちゃうれしいです。今までは、全国放送に出られるのは、年1回あるかないかでした。20代まではそれでもよかったですけど、30代になって、これから先の40代、50代をどうするか不安があったんです。そんな中、新校長に就任することになって、今まで積み上げてきたものがいきなり実った感じがしています。番組が始まる4月までは、夢のような気持ちで過ごしています。

小森:まだエンタテインメントの世界に全く興味が無かった時代から知っている『SCHOOL OF LOCK!』。その番組の教頭に自分がなれるということで、うれしく、ドキドキしています。今までの教頭にないような存在になりたいとか、10代のみなさんに届けられる番組にしたいとか、燃えている気持ちもあるんですけど、反対に、不安もあるのでいろいろな意味でドキドキしています。

■『SCHOOL OF LOCK!』の15年の歴史ってすごい!

―― もともと『SCHOOL OF LOCK!』を聞かれていましたか?

小森:すごくハードに聞いていたわけではありませんが、高校生の時にラジオ番組で唯一知っていて、唯一聞く番組でした。

坂田:『SCHOOL OF LOCK!』は、僕が高3の時に始まって、クラスの女子が最初に聞いていたイメージです。高校の頃は、AMラジオで芸人さんがやられている番組を女子にばれないようにコソコソ友達と聞いていました(笑)。『SCHOOL OF LOCK!』を聞くようになったのは、実は大学に入ってからです。

―― 『SCHOOL OF LOCK!』で印象に残っている放送はありますか?

小森:永野芽郁さんのGIRLS LOCKS!のゲストに広瀬すずさんが出演されていた回をよく覚えています。当時僕は、未成年だったか成人していたかあやふやなんですけど、すごい「キター!」感があって興奮しました。「今が旬の若い女優さんが二人そろって、ラジオでしゃべってる! やべー」みたいな興奮は未だに覚えていますね。

坂田:僕は栗山千秋さんでした。僕たちは7歳違って、ちゃんと世代が出てますね。やっぱり『SCHOOL OF LOCK!』の15年の歴史って、すごいですね。多くの人が共有できる思い出を持っている番組が今も存在して、まだ続くっていうのは本当にすごいなと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング