『SCHOOL OF LOCK!』は“秘密基地”のような場所 LiSAさんインタビュー

進路のミカタ / 2020年3月31日 10時5分

写真

TOKYOFM/JFN全国38局ネットで放送されている『SCHOOL OF LOCK!』内の「LiSA LOCKS!」で、ラジオを通して10代と向き合い続けているLiSAさん。2020年3月22日(日)に生配信された「SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭 supported by 親子のワイモバ学割」の生授業に登場しました。LiSAさんに番組への思いや自身の高校時代について伺いました。

■『SCHOOL OF LOCK!』は“秘密基地”のような場所

―― 今回はラジオではなく動画配信でしたが、いかがでしたか?

いつも声だけで届けているものが映像と一緒になることで、すごくリアル感がありました。みんながいつも以上に一緒に盛り上げてくれている感じがしましたね。表情が見えることで、言葉だけではなく、いろいろなものをみんなが受け取ってくれているなという印象でした。

―― 『SCHOOL OF LOCK!』の良さは、どのようなところにあると思いますか?

どんな日でも、ラジオを付けたらいてくれる安心感があって、約束をしているようにその曜日にみんなと一緒に会えるのがすごくいいと思っています。親も学校の先生たちも知らない、リアルに過ごしている学校の友達じゃない人たちと集まる“秘密基地”のような感覚です。みんなが素直になれる時間として、いつもとまた違う顔を見せられる場所になったらいいなと思っています。

普段は、親がいて、おうちに何時までに帰らければいけないなど、決められた世界にいるけれど、その世界からはみ出したり飛び出したりできるのが、この架空の学校『SCHOOL OF LOCK!』だと思います。

■逆電では、すごくみんなを感じられる

―― 番組の中で生徒と話す「逆電」には、特別な思いがあるのでしょうか?

逆電は、みんなと触れ合ったり、みんなの中に入っていけたりするものだと感じています。私は、一人でいるときに音楽が寄り添ってくれるものになるといいと思っているのですが、それと同じように私もみんなのことを感じたいんです。逆電は、それを叶えてくれるもの。みんなをすごく感じられる場所になっています。逆電で話ができなかったとしても、『SCHOOL OF LOCK!』に集まって、自分と同じように困っている人たちがいることを感じられると思います。学生時代に、こういう場所があることがすごくうらやましいです。

―― 今日も生配信で逆電されていました。

今日の逆電は、「学校に行けない状況の中、新入生を合唱部に勧誘するには、どうしたらいい?」という悩みでした。普通に学校に行けていたら、先輩たちはどうしていたのかとか、身近にも経験がある人がいっぱいいると思うんです。でも、学校に行けないというイレギュラーな状況の中で、何ができるんだろうって考えたときに、今ここで体現できていること、つまり『SCHOOL OF LOCK!』が体現していることを伝えました。今回の特別授業は、幕張であるはずだったのに実現しなかったけれど、みんなにイベントを届けるために何をしたらいいのかを考えてやってくれている人たちがいます。そういう人たちの答えから「Twitterで合唱している動画を発信してみたら?」というアイデアを出させてもらいました。


―― 10代の生徒たちと向き合ったときに、迷うことはありますか?

あります! 逆電しているときには、自信を持って一番いい答えと思って発言しているんです。でも、帰ってから冷静になって考えたときに、いろんなことを想像すると違う答えがあったかもって思っちゃいます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング