【シゴトを知ろう】空間デザイナー 編

進路のミカタ / 2020年6月18日 12時10分

写真

内装・外装を問わず、空間をデザインするのが空間デザイナーの仕事です。今回は、株式会社スペサンでデザイナーとして、結婚式などのパーティ会場や企業のイベント・オフィス空間をはじめとするあらゆる空間をデザインしている大巾博史さんにお仕事について伺いました。

■空間をデザインし、その空間にいる人を幸せにする

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
株式会社スペサンは、「人を幸せにする、心震える瞬間の創造」を理念として個人のお客様に対するオリジナルウエディングのプロデュースと、法人のお客様に対する空間デザインや映像制作・イベント企画などを行っています。私は空間デザイナーとして、複数のプロジェクトに関わっています。

デザイナーというと、CADを用いて図面を引いたり、デザインパースを作成したりといったイメージがあるかもしれませんが、私の場合はコンセプトを考えるところからお手伝いさせていただくことが多いです。例えば、オフィス移転を考えている法人のお客様に対しては、単に使いやすい空間をデザインするだけでなく、その会社に適したデザインはどのようなものなのかから考えます。どのような仕事をする人がどれくらいいて、どのような考えを持っている人たちが働いているかによって快適なオフィス空間は異なるからです。

<一日のスケジュール>
10:00 出社。メールおよびSNSをチェック
10:30 社内のプロジェクトメンバーとミーティング
11:30 ミーティング内容を基に、コンテンツならびにデザイン検討
13:00 ランチ
14:00 協力会社への発注業務
17:00 お客様とデザインコンセプトについてミーティング
19:00 イメージイラスト作成、コンセプト考案等の作業
21:00 退社

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

実際にお使いになるお客様に感動を与えられる空間を、お客様と一緒に作り上げられることが最大の喜びです。ウエディングであれば、お客様と相談をしながら空間を演出して、ウエディング当日に会場で新郎新婦や招待されたゲストの気持ちを間近で感じられたり、オフィスであれば働く人の労働環境を提案・改善した後に仕事をしている様子を拝見してパフォーマンスを上げられているかを確認したりしています。自分のデザインで人を幸せにできているという実感があり、大きなやりがいを感じます。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?

人の思いを形にするのは一筋縄ではいかなく、正解がない仕事であることへのジレンマを常に感じています。時間をかけてお客様のご要望をヒアリングしたとしても、後日、デザイン案をお見せする頃には気持ちが変化しているということも少なくありません。人の感情という移ろいやすいものを相手にするのは、なかなか大変です。

またウエディングの仕事では、新郎新婦お二人の考えが異なる場合もあります。まずはお二人それぞれの気持ちを丁寧に引き出し、そろえるところから始まります。じっくりと腰を据えて、時間をかけて挑まなければならない仕事です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング