「悔しさが糧になっている」。Novelbright不屈の闘志

進路のミカタ / 2020年5月28日 12時12分

写真

人気上昇中の5人組ロックバンド、Novelbrightを代表して竹中雄大(Vo.)さんに、高校時代やバンドの下積み時代を振り返っていただきました。結成から7年。1stフルアルバム『WONDERLAND』をリリースし、さらなる飛躍をめざす彼らにとって、これまで経験してきた苦労は決して無駄ではなかったようです。

■歌うことはずっと好きだった

―― 雄大さんは高校時代、どんな学生でしたか? 

1年生の時は、本当に何も考えずに生活していました(笑)。口笛の活動は小学校6年生の頃からやっていたので、高校に入ってからもいろいろなイベントや行事に出演していましたが、特に夢やこれがやりたいというものはなかったんです。
ただ、歌うことはずっと好きでした。中学生の頃からよくカラオケには行っていて、友達から「うまいね」と言われるとうれしくて(笑)。当時、バンドにハマり始めていたこともあって、遊びでバンドをやってみたいと思っていたら、高2の時に友達から誘われて、ONE OK ROCKのコピーバンドをやることになったんです。それが僕のバンド人生の始まりで、コピーバンドがすごく楽しくて、ライブで自分が歌ってお客さんが反応をしてくれることにやりがいを感じたんです。そのうち遊びのコピーバンドではなく、本格的に自分のバンドをやりたいと思って、高3の夏にNovelbrightを組みました。だから、高2、高3はすでにバンドマンとして生活していましたね。


―― 学校生活での思い出は?

音楽の授業は好きでした。生徒全員がそれぞれに何か披露するという課題があって、僕はゆずの『栄光の架橋』をアコースティックギターで弾き語りしました。
あと、高1の時に地元の駅前で弾き語りで路上ライブをしたことがあって、ゆずの曲を10曲ぐらい歌ったんです。それを同級生が20人くらい見に来てくれたのはいい思い出ですね。


―― 口笛を始めたきっかけは?

元々得意だったんです。小6の時、テレビで口笛の全国大会が紹介されている番組をたまたま見て「俺もできるんじゃないかな」と応募したら、第3位に入賞しました。もっと頑張って1位を獲りたいと思って、そこから本腰を入れてやり始めました。


―― 誰かに習っていたのですか?

いえ、我流です。世界レベルの人の映像をYouTubeでひたすら見て、真似することから始めました。


―― Novelbrightを結成した時には、すでにプロになろうと考えていましたか?

もちろん。音楽で将来食べていけなかったら死んでもええわ、という気持ちで始めました。


―― それから音楽で食べられるようになるまでに、どのような努力をしましたか?

大阪で活動を始めたんですけど、最初は右も左も分からず、がむしゃらに大阪のライブハウスに「ライブをさせてください」とお願いして、チケットのノルマを払いながらライブをしていました。そうやって、5~6バンドが出る対バンイベントで揉まれながら、どうやったら多くの人に見てもらえるのか、聞いてもらえるのか、ずっと考えながら活動していましたね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング