【マイナビ進学 みんなで語ろ!Online】山之内すずさんインタビュー

進路のミカタ / 2020年10月26日 12時7分

写真

「おしゃれにエコを考えてみよ!」をテーマに、高校生が自由にディスカッションするオンラインイベント「マイナビ進学 みんなで語ろ!Online」。モデルや女優として高校生からも人気の高い山之内すずさんをゲストに迎え、2020年9月27日(日)に開催されました。すずさんは普段、どのように「エコ」を考え、実践しているのでしょうか。イベント当日の感想とあわせてお話を伺いました。

<サイン入りチェキプレゼントもあるので、記事の最後まで要チェック!>

■エコはおしゃれで素敵なこと!

―― ゲストとして参加した感想をお聞かせください。

今回のテーマを聞いて、はじめは「エコとおしゃれがどう結びつくんだろう?」と少し疑問に感じていました。でも実際に参加して「ファッションやおしゃれの中にはエコと直結するものがこんなにあるんだ!」と、たくさんの発見がありました。
改めて深く知ることができた「エシカル」も、すごく素敵なことだと思いました。もともと古着が好きでよく着ていますし、家族と洋服を共有することも多かったのですが、そういう身近なことも実は「エシカル」だったんですね。これからはもっともっと意識していきたいです。


―― 高校生とのオンラインでのコミュニケーションはいかがでしたか?

遠方の方でも自宅から気軽に参加してもらえるのが、オンラインイベントの良いところですよね。ただ、これまでライブ配信をしたことはあったものの、双方向コミュニケーションのオンラインイベントは初めて。「どういう風になるんだろう」とドキドキしていましたが、いざ始まってみると、高校生の皆さんとすごく楽しくコミュニケーションを取ることができました。
資料の説明のときには、熱心にメモを取りながら話を聞いている人が多くてビックリしました。学校のオンライン授業などでは、みんなこうやって勉強をしているのかもしれませんね。

■小さな行動の積み重ねが、環境に優しい社会につながる

―― 「エシカル」について考え方の変化はありましたか?

今まで「エシカル」という言葉を聞いたことはあっても、具体的な内容まではしっかりと理解できていませんでした。今回イベントでいろいろなお話を伺って、もっとエシカルを意識した生活を送っていきたいな、と改めて思いました。
私は今一人暮らしをしていて、食材なども全部自分で買い物をするので、そんなときもできるだけエシカルな商品を選んでいきたいです。ファッションでも気に入った質の良い洋服を選べば、きっと着ているだけで楽しい気分になれるはず。安い洋服をたくさん買ってすぐ着なくなるよりも、人や環境に配慮された洋服を大事に長く着る方が、結果的にはおトクになるかもしれませんよね。
「エシカル」は世代を問わず楽しみながら取り組めるものだと思います。自分のことだけを考えるのではなく、商品の背景にある人や環境に思いを馳せるのはすごく素敵なこと。地球環境や生産者さんへの思いやりを持って買い物をすることが、もっと身近になる時代が早く来ればいいな、と思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング