外出時に「子供が静かになる有効な手だて」は意外とシンプルだった!

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年7月2日 21時10分

写真

帰省や旅行など、長時間の移動の時子供がぐずりだしたらどうしよう……。

はじめての子連れ帰省や旅行を計画しているママにとって心配事の一つですよね。

どんなにあやしても泣き止まず、周りの人の視線も気になる時には、“子供の気分を音で変える!”というのが意外と有効です。

今回は、その中から英語耳も鍛えられる筆者のイチオシをご紹介します。

■子供を飽きさせない知育玩具がべスト!

筆者の経験上、おもちゃなら多機能で子供が飽きないものがベスト。

携帯のアプリも便利なのですが、子供に携帯を渡してしまうとあちこち触って壊されたり、子供がスマホに興味を持ってしまったりする可能性もあるので 別に用意しておくと、その隙にママ自身の用事や事務的なメールなどができるので便利です。

特に、知育玩具は子供が夢中になる上に、教育もできちゃうので一石二鳥です。

 

例えば、筆者の場合、アメリカの「LeapFrog」という知育玩具メーカーが出している『Learn & Groove Music Player』というおもちゃを使っています。

(偶然、代官山の子供用品の店で見つけました。)

犬のキャラクターが画面に出てきて踊りながらABCの歌や数を数える歌など、アメリカの代表的な童謡や落ち着かせたい時にはゆったりとした音楽も流れます。

画面のキャラクターは白黒ですが、愛らしい動きをするのでそこに見とれたり、音楽が同じボタンでいくつも変わったりするので子供が飽きません。大きさも大人の手のひらサイズ。

筆者の息子は五か月くらいからこのおもちゃに興味を持ち、最初はボタンは私が代わりに押していましたが、ボタンは子供が押しやすいように大きめになっているので、一歳七か月の今では好きな曲を選べ、一緒に歌ったりリズムをとったりして夢中で遊びます。

押すと変わるということに夢中になっているので、レストラン等で注文をして料理が運ばれてくる間などにも便利です。音はオフ、中、大の二段階に調節できます。

英語の発音や歌に慣れさせるのも良いですね。おもちゃから、普段聞きなれた日本語とは違う言葉が聞こえるので、ベビーは「あれれ?」と注目するようです。

他にも絵本形式になっていて、太鼓ゲームやピアノ童謡がボタンを押すと流れてくるタイプのおもちゃもおすすめですが、ボリュームが調整できるものであまり大きくないもののほうが、持ち運びしやすく、機内などでも周りに迷惑になりにくいです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング