在宅で月に10~20万稼げる資格のMOSオフィスマスターとは?

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年7月7日 20時20分

写真

『資格活用術』と『自分らしく働く女性』のためのサイトを運営している「キャリア&マネー協会」代表で『資格をお金に換える方法』を出版され、キャリアカウンセラーでもある高村祐規子さんが、「いつでも・どこでも仕事ができる秘訣があります」ということで、子育て中のママが在宅で稼ぐ方法の稼げる資格、MOSマスターをどう活用するのかを伺いました。

森田(筆者、以下M):高村さん、育休中の女性が在宅で月に10~20万円収入を上げている人がいるということですが、どんな資格をお持ちなんですか?

■在宅で月に10〜20万稼げる資格とは?

高村さん(以下T):その人は『MOSオフィスマスター(※)』を持っています。口コミで紹介をするときに「彼女はオフィスマスターを持っているから」とパソコンのレベルを第3者でも資格名を伝えることで、説明しなくてもパソコンのスキルをわかってもらうことができるのです。

※MOSとは、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト) の略称で、Excel や Word などの Microsoft Office 製品の利用スキルを証明できる資格

M:なるほど、説明しなくてもどんなことができるのかがわかると、早いですよね。

T:はい、紹介を受けた方も実力が想像つくので、会わなくても仕事の発注をしやすいため、次々に仕事の依頼がくるそうです。

M:次々に仕事の依頼がくるなんて、すごいですね!

■「稼げる資格」とは?

M:そうなると、稼げる資格を一言でわかりやすく言うとどうなりますか?

T:結局“稼げる資格”とは、“実務経験+資格”のことを指します。また、第3者評価なので、それを持っているとある程度のスキルの目安がつくというのが強みです。

M:そうなんですね。在宅で仕事をしたいママたちにも参考になると思います。ぜひいつでもどこでも仕事ができる資格を取って、在宅でも収入が得られる仕組みを作って下さいね。

いかがでしたでしょうか? 育休中でも在宅ででき、収入に結びつけられる仕事というものはあるのです。「子供がいるから仕事ができない」と諦めてしまう前に、自分に合った稼げる資格を身につけることを考えてみてはいかがでしょうか?

(森田朝美)

【取材協力】

※ 高村祐規子・・・「キャリア&マネー協会」代表。2013年に著書「資格をお金に換える方法」(中経出版)を刊行。高村祐規子さん運営の女性向けセミナーマガジン「神楽坂女子倶楽部」でも情報発信中。メールマガジンの登録はコチラから。

【参考】

※ MOS オフィスマスター

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング