「ボーナスがなかった人」がお金をしっかり貯める方法って?

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年8月12日 13時0分

写真

みなさん、今年の夏のボーナスは如何でしたか?多かったですか、それとも少なかったですか?

それどころか、中にはボーナスがなかったという方もいらっしゃることでしょう。でも、大丈夫!

今回は、家計コンサルタントの筆者がボーナスがなかった人がお金を貯める方法をご紹介したいと思います。

■そもそもボーナスは必ず支給されるものではない

今の日本ではボーナスが出るのは当たり前のようになっていますが、本来、ボーナスは業績によって出されたり出されなかったりするものですし、また金額も変動するものですね。

ですので、家計管理はボーナスを当てにしない計画を立てるようにしましょう!

これができれば、家計はグンと強くなります。

つまり、強い家計はあらかじめボーナスを組み込まないで計画されている家計ということですね。これができればできるほど、家計は強くなりますし、万が一の時にも対応できるものとなります。

今は急なリストラやお給料の減額だけでなく、自然災害などいつ何が起こるか本当に分からない時代です。そんな時代だからこそ強い家計にしておくことが必須です!

■毎月のお給料から貯蓄を積み立てていく家計に切り換えていきましょう!

「ボーナスがなかったから貯蓄が出来ない」というのは「じゃあ、仕方ないよね」と一見すると納得してしまいそうなことなのですが、実はこのセリフ、たとえ収入が増えても(ボーナスがあっても)貯蓄できない人の口癖なんですよ。

収入が増えたら増えた分だけ、ボーナスが出ても出た分だけ、支出も増やしてしまう、”なぜかお金が貯まらない人”の残念な習慣なのです。

こういう悪い習慣を断ち切るためにも、そしてまた強い家計を築くためにも、早速今月から毎月のお給料から”先取り貯蓄”でお金を貯めていく仕組みづくりに取り掛かりましょう。

たとえ、5,000円でもいいのです。お給料が振り込まれたら、まずこの5,000円を貯蓄分としてよける、これを習慣化しましょう。

とにかく始めることが大事です。それは時間とともに”塵も積もれば山となり”、知らない間に資産と言えるほどに大きくなっているかもしれません。

大事なのは”早く始めること”です! 早く始めれば始めた分だけ、あとがラクになりますよ!

いかがでしたか?

今回はボーナスがなかった人がお金を貯める方法をお伝えさせていただきました。

これは、ボーナスが支給された人にも是非実践して頂きたい方法です。

年数回のボーナスを当てにするよりも、毎月毎月確実に積み上げられていくものの方が強固なことは確かです。

不確かなものを当てにするよりも、確かなものをより強固にしていくことを考えていきましょう!

(田辺美穂)

Woman Money(ウーマンマネー)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング