子どもの事故やトラブル時の味方!家庭を守る「個人賠償責任保険」

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年9月9日 15時45分

写真

“個人賠償責任保険”ってお聞きになったことがあるでしょうか? なんだか名前だけ聞くと難しそうな保険ですね。

実はこれは、子どもさんがいるご家庭なら、だれにでも起こりうる事態に対処してくれる保険なのです。

今回は、ママに是非知っておいて欲しい個人賠償責任保険について家計コンサルタントの筆者がお話しさせていただきます。

■個人賠償責任保険は子どもがいるママの心強い味方です!

子どもがいるママはとかく子どもの活発さが気がかりなものです。買い物に行けば、子どもが言うことを聞かずに並べられているモノに触って割ったりしないかと気がかりでなりません。また、お友達と外で元気に遊んでくれるのは嬉しいのですが、例えばふざけていてお友達にケガをさせたりしないかと心配なものですね。

自転車に乗るのも、スピードを出し過ぎて誰かにケガさせたりしないか、あるいは狭いところを通って止めてある車のボディを傷つけたりしないか心配です。

とにかくママは子どもの周囲で起こり得ることが考えられる事故やトラブルにはドキドキものですね。

でも、そんなときに心強い味方になってくれるのが“個人賠償責任保険”なのです。

■保険の特約としてつければ掛け金は格安です!

個人賠償責任保険への加入は他の保険に特約付帯するのが通常で、具体的には火災保険や自動車保険に特約として付けるのが一般的です。  

そして、ママが最も気になる保険料ですが、例えば自動車保険に付帯する場合、月100円弱と驚くほど格安なのです。

これなら、1年間でも約1,200円! これで、日常生活におけるトラブル等の心配から解放されるのであれば、コストパフォーマンスの良さはバツグンなのではないでしょうか。

但し、一つだけ注意して頂きたいことがあります。それは、例えば自動車保険に特約でつける場合、もしクルマを手放したなど何らかの理由によって自動車保険を解約すると、同時に個人賠償責任保険もなくなってしまうことです。

あとで、「しまった!」なんてことにならないよう、充分注意してくださいね。

■個人賠償保険はその対象となる人が広いのが特徴!

それに、個人賠償責任保険は子どもの事故やトラブルだけを対象とするわけではありません。その家に住む家族全員を対象としてくれるのです。

つまり、ご主人一人が代表で加入すれば、奥さんやお子さんの賠償事故も補償の対象となるということです。また、生計が同じであるなら仕送りをしている学生なども対象になることがありますので、確認してみてください。

これもママにとっては嬉しいポイントですね。

日常生活の中で他人に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまったりしてしまうのは何も子どもに限ったことではありません。大人だって、身近でいつどんなトラブルが発生するかわからないのです。それに、飼っている犬や猫が他人にケガを負わせてしまうことだって起こり得ることですね。

このように一家庭に一人加入しておけば、日常の思いがけないトラブルから家族みんなを守ってくれるのが個人賠償責任保険なのです。

いかがでしたか?

今回は個人賠償責任保険についてご紹介させていただきました。

トラブルはいつどこで発生するかどうか本当にわからないもの。そして、いざ発生してしまえば、その額は予想を超えて高額になることもあるのです。

特に、小さなお子さんややんちゃ盛りのお子さんがいるご家庭には万が一に備えて加入しておかれることをお勧めいたします。

(田辺美穂)

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング