習慣化がカギ!ちょっとの我慢で自動的にお金を貯める方法

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年12月8日 23時4分

写真

「我慢しないで、お金が貯まればいいのに……」というのは、誰もが願っているのではないでしょうか?

身も蓋もないことを言ってしまうようでありますが、我慢しないでお金を貯める方法なんてありませんというのが正直なところです。そんな方法があればみんなやっていますし、そもそもお金を貯めるということはある程度の我慢や努力を伴うものです。

まずはそのことを大前提とした上で、少しでもラクにかつ簡単にお金を貯める方法を家計コンサルタントの筆者がお伝えします。

■お金を貯める方法を、習慣化してしまいましょう!

みなさん少しがっかりされたかもしれませんが、お金を貯めることにおいて我慢もなし、努力もなしに出来る方法はないということは先ほどお話しさせていただいた通りです。

でも、これはよく考えれば当たり前のこととしてご理解いただけることと思います。

我慢せずに貯めることはできませんが、“習慣化”することで、少しでもラクにお金を貯めることはできるんです! その方法をご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

■自動引き落としによる積立を行いましょう!

はじめは、少額でも構いません。とにかく、お給料日が来たら、“生活費を下ろす前に貯蓄する(先取り貯蓄)”という習慣を身につけてしまいましょう!

それを毎月毎月自動的に行うという“サイクル”にしてしまうことがポイントです。先取り貯蓄を生活の一部にしてしまうのです。

そのためには、“自動的に”“長期にわたり積立を行える”という2つの条件を満たす方法(商品)がお勧めです。

例えば、投資信託の自動積み立てや会社に確定拠出年金の制度(401K)があればそちらがいいかと思われますので、ぜひ一度調べてみてくださいね。

これが自然と身に着いてしまえば、あとはそれが当たり前になっていきますから、まずは、それまでの努力や我慢は乗り越えましょう。一度、習慣づけてしまえば、その先はお金を貯めることが我慢や忍耐ではなくなるはずです。

また、一度その仕組みを作ってしまえば、あとは自動的にそれが繰り返されるだけですから、面倒くさいことも煩わしいこともなくなるはずです。

とにかく、“先に貯蓄する仕組み”を予め作ってしまうのです。そして、そこに自分の生活を当てはめていくのです。

慣れるまでには少し時間が必要だったり、我慢を伴ったりすることもあるかもしれません。ですが、それはほんの数か月の間のことで、後で振り返ってみれば「あの時やっておいてよかった」と多くの方におっしゃっていただけていることですので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

いかがでしたか?

今回はお金を貯めることを習慣化かつ自動化することでに自然にお金が貯まっていくという仕組みを作る方法についてお話しさせていただきました。

貯蓄を自動化できた後も、1年に1回や数年単位、あるいは節目節目での見直しは忘れずに行ってくださいね。お金に関しては、やはりある程度マメさや手間暇が必要なことは否定できないことですので、時間を見つけてぜひ取り組んでいただきたいと思います。

最後に、投資信託は元本が保証されるものではありませんので、始める前によく検討してくださいね。

(田辺美穂)

Woman Money(ウーマンマネー)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング