食費の増加はシールにあり!? 購入前に確かめたい要注意フレーズ

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年10月13日 8時0分

写真

普段はあまり意識していないことだと思われますが、意外に私たちは”視覚”や”情感”によってモノを買っているということがあります。

そう、買わされてしまっている……のです。

今回は食費の増加と密接に関係する心をくすぐるフレーズ(キャッチコピー)が記されたシールにはどんなものがあるかについて家計コンサルタントの筆者が考えてみたいと思います。

予めこのことが頭に入っていれば食費は減らせるかもしれませんよ?

■朝どれ / 地元産 / 今が旬

新鮮さや安心感を前面に押し出している方法ですね。それに、”旬” という言葉!これには本当に弱いものです。「食べたい」「今、食べなきゃ」ってついつい思ってしまいます。ですが、旬のものはお値段もそれなりにしてしまうことがあります。特に、奔りの時なんかはそうですよね。

旬のものを買うコツとしては、例えば近くに直売所や道の駅なんかがあれば、そちらで買う方がお得かもしれません。

また〇〇フェアや〇〇祭りなんかが開催されているところでは旬のものが安く売っていたりしますので覗いてみるのもおススメです。

■1パックでは380円、3パックなら1,000円! 

これはよく見る売り方ですね。3パック1,000円なら、140円もお得だよねと思い、3パックまとめて買う方が多いのではないでしょうか。

でも、もし本当はそんなに必要ないとしたら……そして、冷凍庫行きとなり、ひいてはそのまま冷凍庫の奥の方へ押しやられてしまって忘れてしまったりなんてことは経験ありませんか?

あと1つ買わないと勿体ないなとか、まるで損のように思ってしまうこの仕組み。この仕組みこそ売り手側の儲けが隠されているのかもしれません。だとしたら、やはり私たち消費者は “本当にお得なのかどうか”“得になるのかどうか” 、もう一度よく考えてみる賢い消費者にならなければなりませんね。

■今、出き上がりました! / 16時以降に作りました!

これも、つい手が伸びてしまうキャッチコピーです。

ですが、やはり作る手間が省ける分、お惣菜というものは割高になっていることは言うまでもありません。お店によっても違ってきますが、同じ素材で同じ量を手作りした場合と比較するとお値段はおよそ3~4倍くらいになっているのではないでしょうか?

いつもいつもお惣菜に手を伸ばしていたのでは食費は見る見るうちに〇千円単位で増えていってしまいます。

やはり、お惣菜は週1回だけとか、本当に疲れた時だけという自分の中でのしっかりとした取り決めが必要のように思います。

いかがでしたか?

改めて見直してみますと、スーパーにはシールが貼られていない商品を探すのが難しいほどほとんどのものにシールが貼られていることがわかりました。

そして、ご自分の行動を振り返ってみていただくと、買い物は如何に視覚的に、あるいは情感的に行われていることがあるかがおわかりいただけるかと思います。

ですが、このシールにつられて次々に購入していたのではキリがなく、食費はあっという間に膨れ上がってしまいます。

季節は食欲の秋ですが、お財布はついついこのシールにつられてゆるゆるになってしまわないよう気を付けたいものですね。

ちなみに、“本日限り”“お一人様○点限り”“タイムサービス”“先着○名様”などのキャッチコピーがついているものなら本当に安い可能性が大ですよ!

(田辺美穂)

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング