どうしてうまくいかないの?毎年悩む「衣替えの負担」はこれで解決

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年9月24日 23時10分

写真

暑かった日々もようやく落ち着き、涼しい日も多くなってきました。そうなると過ごしやすくてうれしい反面、そろそろ“衣替え”のことが頭をよぎり始め、憂鬱になってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。毎年のことなのに、慣れるどころか、どうしてこうも負担に感じるのでしょうか?

今回は、衣替えの負担を軽くする方法を、筆者が整理収納アドバイザー目線でお話しいたします。

■衣替えは整理収納の絶好のチャンス!

お持ちの衣類は、全て収納スペースに収まっていますか? もしオンシーズンの衣類が、収納されずに部屋のあちこちに出しっぱなしになっているとしたら、まずはそこから解決しましょう。よく着ている衣類が出たままになって、クローゼットの中は着ないものでいっぱいなんてもったいない! 衣替えのタイミングで、来シーズンも着たい衣類だけを選んで収納しましょう。すると全体量が減り、片付かないのは収納スペースの問題だけではなかったと気付くはずです。衣類の見直しは、衣替えのタイミングが絶好のチャンスです。

■衣替えはアクション数を少なくするのがポイント

衣替えの負担をなくすためには、衣替えをしないことが一番です。シーズンに関係なく全ての衣類をクローゼットに収納できれば、そもそも衣替えの必要はありません。スペースの問題などで、完全に衣替えをしないのが難しいとしても、できるだけその環境に近づけることが、負担をなくす近道です。一つの部屋で衣替えが完了するよう衣類をまとめる、収納ケースの引き出しの入れ替えだけで完了するシステムつくるなど、環境を整えることで、時間短縮につながり、体力的にも負担が少なくなるでしょう。一度システムを作ってしまえば、次からの衣替えは格段に楽に行えるはずです。

いかがでしたか? 

家族の衣替えを、ママ一人がするのは大変ですよね。本当は家族にも手伝ってほしいけれど、うまくその状態にもっていけないとお悩みの方は、ぜひ前述したようなことを少しずつ実践していただき、ご家族にも衣替えのシステムを伝授してあげてくださいね。

 (石村祐子)

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング