月1万円から!? 少額からでもできる「株式投資」の方法2つ

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年11月29日 22時46分

写真

「株式投資に興味がある」、「株式投資をやってみたい」と思っていても、株式投資にはある程度の資金が必要です。

「私はお金に余裕がないから株式投資なんてムリ!」と思っている方も多いのでは?

しかし、少額の資金でも“株式投資”は始められるんです。今回は、ファイナンシャルプランナーの筆者がその方法をお伝えします。

■株式投資をはじめるにはいくら必要?

2014年11月下旬現在、トヨタ自動車の株式を購入しようと思えば、70
万円ぐらいの資金が必要です。ユニクロに至っては400万円以上の資金が必要です。

これは株式を購入するには単位があり、その単位でないと売買ができないからです。

この単位のことを“単元”と呼びます。

トヨタ自動車の1株の単価が7,000円だとします。トヨタ自動車は100株が1単元なので7,000円 × 100で70万円が必要となるのです。単元はそれぞれの会社ごとに決まっています。1,000株や100株のところが多いですが、1株で買える会社もあります。

■一度の投資を「10分の1」にする方法がある!

最初に書いたように70万円の資金を1度に投資するのはハードルが高いですね。しかし、もし10分の1の7万円でトヨタ自動車の株が買えるとしたらどうでしょうか?かなりハードルが下がったような気がしませんか。

このように通常の売買単位の10分の1の株数で売買できるのが『ミニ株』と呼ばれるものです。

『ミニ株』は、いいところもありますが、いくつか気を付けたい点がありますので、下記にまとめてみます。

・単元株が1株のものは売買できない

・配当金は貰えるが株主優待は原則受け取ることができない

・指値注文(価格を指定すること)はできない

・株主総会に出席できない

■月々1万円から投資する方法もある!

他にも『ミニ株』以外に少額で投資できるものがあります。

『るいとう(株式累積投資)』と呼ばれるものです。

『るいとう』は月々1万円からできる積み立て投資です。買いたい銘柄を決めて毎月一定の日に買い付けていくというものです。この方法だと株価が安い月には株数を多く買えることになります。これによって平均購入価格が抑えられることが特徴です。

『るいとう』も配当金は持ち株数に応じて貰え再投資されます。積み立てた株数が単元に達すれば通常の株主となる権利を得ます。

気を付けたいのは、証券会社によって取り扱う銘柄数が異なっていること、口座管理料がかかる証券会社もあります。

『ミニ株』も『るいとう』もすべての証券会社が取り扱っているわけではありませんので、口座を開設する際には必ず確認して下さい。

いかがでしたか?

「まだ投資に回す余裕資金が少ない」という場合は、『ミニ株』や『るいとう』を利用して賢く投資の経験を積んで下さいね。

(中村真里子)

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング