なんでもアレにいれてない?ママが意識せずに使い過ぎてる出費とは

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年12月6日 22時24分

写真

「そんなに使っているつもりはないんだけどなぁ……」「どこが他の人に比べて多いのかわからないんだけど……」こんな思わずため息が出るようなつぶやきはたくさんのママから聞こえてきます。

ですが、そんなママが意識せずに使いすぎている出費があるんです。

今回は、家計コンサルタントの筆者がそんなお悩みママたちが気づいていない出費についてお話します。

■ママが意識せずに使い過ぎてしまっているダントツの支出は雑費です!

“雑費”っていうと、みなさんどんな物を想像されますか? どんな物をこの項目の中に入れていらっしゃるでしょうか?

「シャンプーや洗剤なんかはここに入れているわ」「うちは、テイッシュペーパーやトイレットペーパーをここにしているわ」という方は多いことでしょう。理美容費をここに入れている方もいらっしゃいます。

他には、「我が家は臨時の出費、例えば香典代やお祝いはここに入れているわ」という方、「私はとりあえず他の項目に入れられそうにないものは雑費にしているわ」という方もいらっしゃいます。

そう、“雑費”って多くのご家庭においてとっても幅のある項目なんですね。どこにいれたらいいかわからなかったり、迷ったりした場合はとりあえず雑費としている方はとても多いようです。

■“雑費”は無駄遣いの温床!?

ですが、家計管理においてはココが問題なんです!

“雑費”は幅広く用いることが出来るのでとても便利でもある項目なのですが、逆を言えば、幅があることが家計管理をとても緩くしてしまうことがあるのです。

言わば、“雑費”というのはちょっした無駄遣いの温床にもなってしまいかねない項目であるということですね。

例えば、友人とのランチやママの息抜きのコーヒー代をここに入れていたりしていませんか? また、ネイル代や雑誌代、ちょっとした自分へのご褒美なんかもここに含めてしまったりしていませんか?

“雑費”はこのように文字通りいろいろなものをここに含められる項目なので、ついつい都合よく解釈して使ってしまって、膨れ上がらせてしまいがちなところなのですね。

ですから、ここの項目の支出が多い場合は、振り返りや見直しにより無駄遣いを発見できることが多いんです。もし、食費や光熱費などはそれなりなのに、“雑費”だけ多くなってしまっているという時には、特にその可能性が高いと言えます。

いかがでしたか?

今回はついつい便利かつ都合よく使ってしまいがちな“雑費”についてお話しさせていただきました。

家計管理の見直しは、まずこの項目から取り込んでみると無駄な出費や今までは気付いていなかった支出が発見でき、節約につなげられるかもしれませんよ。

(田辺美穂)

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング