父子家庭は不利だった!? 改正で可能になった貸し付け制度とは

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年12月14日 19時10分

写真

父子家庭と言えば、古くは『巨人の星』の頑固一徹父ちゃん、最近テレビで実写化された『ハクション大魔王』が思い浮かびます。

テレビやアニメの世界では、明子姉ちゃんが家事をしてくれるし、ハクション大魔王とアクビちゃんはツボの中、結構気楽なイメージですが……。

実際の父子家庭はどうでしょう? おそらくお母さん代わりに家事をしてくれる人は、なかなか存在せず、仕事の忙しい父と学校から早く帰ってきた子供が、家事を分担しているのでしょう。母子家庭と同じくらい大変なことは予想がつきます。

ところが、父子家庭は母子家庭より、死別の割合が多く、1人親を余儀なくされた方も多いはずですが、平均収入が母子家庭より高かったこともあり、長らく公的支援を受けられなかったのです。

■父子家庭は公的な手当をもらう上で不利だった?

平成23年厚生労働省の調査で、父子家庭は約11万世帯。母子家庭が約123万世帯なので、数の上では5分の1です。年間収入の平均は、母子家庭世帯の291万円を上回り、父子家庭世帯は455万円(ともに平成23年度全国母子世帯等調査)です。

収入が多い故に、父子家庭は、公的支援を受けられる自治体は今まで限られたところしかありませんでした。

18歳年度末までの児童を養育する保護者に支給される、児童扶養手当が父子家庭に支給されるようになったのは、平成22年8月からです。また、妻に先立たれた子持ちの夫に遺族基礎年金が支給されるようになったのは、平成26年4月以降です。

■母子・父子福祉資金って何?

20歳未満の子供を養育する1人親が経済的に安定した生活を送れるように必要な『母子・父子福祉資金』を、自治体が無利子または低利子で貸し付けてくれるのです。

資金は目的により12種類あり、主なもので修学資金、就学支度金、修業資金、就職支度金、生活資金、住宅資金などです。

今までは母子家庭のみに貸し付けしていたのですが、平成26年10月に『母子及び寡婦福祉法』が『母子及び父子並びに寡婦福祉法』と改正され、父子家庭にも福祉資金が貸し付けされるようになりました。窓口は住所地を管轄する福祉事務所になります。父子家庭で資金が必要な方は、ぜひ福祉事務所に相談にいってみましょう。

いかがでしたか? 人生何があるかわかりません。何かがあった後に知っているか、知らないかではその後に大きく影響します。ぜひ、一度パパと話をしてみてくださいね。また、読者の皆様のお知り合いで、仕事に忙しい父子家庭のパパがいたら、ぜひ教えてあげて下さいね。

(拝野洋子)

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング