前田敦子、卒業直前現場レポート 女性ファンに聞いた“あっちゃんへの想い”

モデルプレス / 2012年8月27日 19時32分

秋葉原駅周辺に集まったAKB48ファン

8月27日、前田敦子のAKB卒業公演を控える東京・秋葉原駅とAKB劇場周辺で、モデルプレスはAKB48の女性ファンにインタビューを行った。18時の公演開始が近づくにつれ、駅前の「AKB48 CAFE」やAKB劇場周辺には続々とファンが集まってきた。メディアも多数駆け付け、今日がいつもと違う“特別な日”であることを感じさせる。


静岡から遠征し、一昨日・昨日と東京ドーム公演にも参戦したという"あっちゃん推し”の女性ファン2人組。ドーム公演では「感動してずっと泣いていた」と語り、まだ心の整理がつかないようだが「あっちゃんの魅力は、ありのままの自分を出しているところ。映画とかに出たら絶対観に行くのでがんばってほしいです」と前田の新しい門出にエールを送った。

友人は「あっちゃんにはセンターにいてほしかった」と前置きしつつ、「SKEの(松井)珠理奈に熱意を感じたので、AKBのセンターをとってほしい」と、新生AKBにも期待を寄せた。


また、別の女性ファンは「あっちゃん推しだったので…ショックです。やっぱりセンター=あっちゃんなので、正直誰がセンターになってもぱっとしないかな」と、寂しさを隠せない様子。「(卒業が)発表されたときは衝撃的でした。センターで目立つ存在だったので、抜けちゃうのは寂しい」という声もあり、長い間AKBの顔としてメンバーやファンを引っ張ってきた前田敦子の卒業に、やはりファンの胸中は複雑なようだ。


しかし、AKB卒業後も「好きなことに変わりはない」「AKBをやめても応援する」「次のメンバーの道しるべになって、卒業しても頑張ってほしい」など、彼女の新しい挑戦を前向きにとらえているコメントが目立った。AKBという冠を脱ぎ捨て、彼女が今後どんな活躍を見せてくれるのか、注目したい。


同卒業公演には同劇場過去最高となる916.38倍、22万9096件もの応募が殺到。「劇場には入れなかったけど、少しでも雰囲気を感じたくて」と遠く京都から駆けつけたファンもおり、秋葉原の街全体が前田敦子の門出を祝う“花道”の様相を呈していた。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
篠田麻里子、「苦しい思いをさせた」 卒業する前田敦子にラストメッセージ
小嶋陽菜、前田敦子に最後のお願い
秋葉原に“あっちゃんコール” 卒業した前田敦子にファン殺到
板野友美、前田と「ドーム前日まで喧嘩してた」
大島優子、前田敦子に最後の言葉「ここまで連れてきてくれてありがとう」

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング