あの関東一可愛い女子高生が“黒髪美少女”に変身

モデルプレス / 2012年9月13日 19時31分

あの“関東一可愛い女子高生”が黒髪美少女に変身(写真左は8月の「関東高一ミスコン」直後のインタビュー時に撮影)

ギャル界の一大イベント「LOVE SUNSHINE」(通称:ラブサン)内コーナー「関東高1ミスコン」でグランプリに輝いた岩瀬萌(16)が10日、都内のスタジオで初のフォトシューティングを行った。岩瀬萌は、“関東地区に住む高校1年生で一番可愛い子を決めよう”をコンセプトに行われたミスコンでグランプリを獲得後、各雑誌からオファーが殺到。161cm・41kgのスレンダーボディを武器に、今後モデルとしてその才能を開花させていくであろう注目の逸材だ。

グランプリになった際には、ネット上で「これが関東一可愛いの?」と言われたことも。しかし大会2日後に行われたインタビューでは、「実際に選ばれたのは私。もちろん上級生を含めたら負けると思いますけど、タメには今後も負けたくない。もっと可愛くなって活躍していい意味でみなさんの期待を裏切りたいですね」と笑顔で語り、そのハートの強さも彼女の魅力の一つであることがわかった。

この日の撮影では、これまでとは違った一面を引き出すべく、彼女に“黒髪女子高生”“OL”メイクを施し、スタイリング。彼女のフィールドである“ギャル”も、プロのメイク&スタイリストが参加し、より魅力あるギャルに変身させた。

◆「ツインテールは初めて」黒髪女子高生に変身


岩瀬萌がメイクに興味を持ち始めたのは、小学5年生の頃。雑誌「egg」を友達と見ながら初めての化粧、さらにはつけまつ毛にも挑戦したという。それからはアイメイクを中心に化粧は濃くなる一方。「こんなナチュラルメイクで写真を撮られるのは恥ずかしいです。黒髪はいつ以来だろう…とにかく本当に久しぶり。ツインテールは初めてです」。

黒髪女子高生の撮影テーマは“冬の寒い日、憧れの先輩の部活姿を見つめる女の子”。ギャルの面影は一切なし。お菓子や飲み物、さらにはボールペンやノートを手に、無邪気な仕草&表情を見せる彼女がカメラに収められた。撮影後、彼女は自身の変貌ぶりに「人間てこんなに変わっちゃうんだ」と声をあげ、あどけない表情と裏腹に悪ガキにも思える表情を見せた。

◆OL風は2パターンの衣装に挑戦


現在16歳。まだまだあどけなさは拭えない彼女だが、次の撮影では“OLの通勤ガーリースタイル”に。清潔感あるヘアメイクに白のワンピースを合わせたコーディネートは育ちの良さも感じさせた。

また、OLヘアメイクではもう1パターン衣装を用意。胸元に大きなリボンがあしらわれたピンクのシフォントップスに、ブラウンのショートボトムを合わせた。「ギャル以外のコーディネートではこのスタイリングが一番好きでした。この格好で赤坂とか歩いてみたいです」。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング