新感覚“トラベルカフェ”で、ベトナムグルメに舌鼓<体験レポート>

モデルプレス / 2012年11月7日 19時34分

新感覚“トラベルカフェ”で、ベトナムグルメに舌鼓

トレンドリサーチャーのHiromiです。今年も残り2ヶ月となりましたが、年末年始の休暇の予定はいかがでしょうか?今回は旅の計画を立てる時にピッタリの新スポット「JTB×TRAVEL CAFE」に潜入してきました。虎ノ門駅4番出口から徒歩2分の距離に位置する「JTB×TRAVEL CAFE」は、旅行会社「JTB首都圏」と、様々なテーマのカフェ&バーを手がける「トラベルカフェ」のコラボレーションで生まれた“情報発信型”カフェ。その名の通り旅行会社とカフェが一体となった店舗で、様々な国や地域にちなんだオリジナルメニューを提供。現地の味を楽しみながら、具体的な旅のプランを立てることができるという新感覚のくつろぎ空間となっています。

11月5日~2013年1月19日まで開催される第一弾は、新アジアンリゾートとして熱い注目を集める国・ベトナムをテーマにした「ベトナムCafe」。オープン当日に開催されたセレモニーにはタレントの上原さくらさんが登場し、ベトナムを代表するサンドイッチ「バインミー」や、“ベトナム版あんみつ”の「ミックスチェー」、ベトナムコーヒー、ベトナムビールなど、店舗のメニューを実際に試食。ベトナムに行ったことがないという上原さんですが「どれも日本の味覚に近くておいしい!」と絶賛で、「やっぱり本場のべトナム料理を食べに行きたくなりますよね。店内の写真にあるような美しい景色のリゾートがあるなら、なおさら!そういったイメージが全然なかったので、すごく行ってみたい国のひとつになりました」と話していました。

おいしいグルメはもちろん、私が注目したのは旅行業界初となる「AR技術」を活用したプロモーション。専用アプリをダウンロードして、店内のコースターやポスター、パンフレットのマークにスマートフォンをかざすと、自動的にAR動画がスタート。べトナム中部の雰囲気を手に取るように感じることができるので、旅へのワクワク感がより一層高まりそうです。

旅行先として常に人気のベトナムですが、特に中部に位置するダナンはベトナム第三の都市として開発が進んでおり、沿岸部にはラグジュアリーホテルが続々と誕生。スパやプール、ビーチでのんびりした後は、ちょっと足を伸ばして世界遺産のホイアン旧市街やミーソンへ…。まずは「ベトナムCafe」でベトナム料理を堪能しながら、素敵な旅に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。(モデルプレス)

■JTB×TRAVEL CAFE
住所:〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-15-12 日本ガス協会ビル1階
営業時間:10時~19時(土曜日は10時~18時)
休業日:日祝(年末年始12/29~1/3)※土曜日も営業

■新アジアンリゾート・ベトナムでラグジュアリーなひとときを
http://www.lookjtb.com/lookjtb/resort/vietnam.asp

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
上原さくら、旅がテーマのカフェを堪能 異国グルメの癒し空間が完成
ハワイ女子旅に続きシンガポール、グアム女子旅新企画も神戸コレクションで発表
人気読モがハワイ旅ショット公開!女子にオススメのスポットを徹底レポート
女子に聞いた「ハワイで行ってよかったスポット」

【関連リンク】
新アジアンリゾート・ベトナムでラグジュアリーなひとときを - ルックJTB

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング