AKB48、シェネルら受賞!「第27回 日本ゴールデンディスク大賞」

モデルプレス / 2013年1月7日 17時36分

「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門を受賞したAKB48

7日、「第27回 日本ゴールデンディスク大賞」の受賞作品・アーティストが発表された。今回の受賞作品・アーティストは60作品・アーティストとなり、この1年間(集計期間:2011年11月1日~2012年10月31日)に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、AKB48が昨年に引き続き2年連続受賞、洋楽部門はシェネルが初受賞した。
また、AKB48はこのほかにも「ベスト5アルバム」「シングル・ベスト・イヤー」「ベスト5シングル」(5作品独占)も受賞し8冠を達成。この結果を受けメンバーは「今回2年連続で『アーティスト・オブ・ザ・イヤー』を受賞させていただきました。そして今年は『8個!』もの賞を受賞させていただき、とても光栄に感じています」と喜びを表現。さらに「たくさんの方が私たちのCDを手に取っていただいたからこそ、選んでいただけた賞だと実感し、これからもたくさんの曲を唄って、皆さんに聴いていただけるよう精進していきたいと思います。これからもメンバーみんなで力を合わせて頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いします!!」と感謝の気持を語った。

洋楽部門に輝いたシェネルは、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト3アルバム」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」「ベスト5アルバム・バイ・ダウンロード」を受賞し5冠を獲得。初受賞・5冠の達成にシェネルは、「初めての『アーティスト・オブ・ザ・イヤー』です、イェーイ!さらに、合計5つもの賞をいただきました!」とコメント。続けて「とても嬉しくて、感謝の気持ちで胸いっぱいです!ファンのみんなに心から感謝しています。みんなの支えがなかったら、今の私はありません。いつも応援ありがとう、いつも元気をもらっています!音楽を通じてみんなにお返しし続けたいです」とファンに向けたメッセージを送った。

また、昨年新設した「ベスト・エイジアン・アーティスト」はKARAが受賞。昨年に引き続き2年連続での受賞にメンバーは「いつも私たちKARAを応援していただきありがとうございます。これからもがんばってもっと素敵な姿をお見せいたしますので、応援よろしくお願いします!」と喜びと語った。

さらに、38th「Love Story」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」に選ばれた安室奈美恵は、「ファンの皆さまには、心から感謝の気持ちでいっぱいです、本当にありがとうございます!これからも皆さんに気に入っていただける楽曲を提供できるように、頑張っていきたいと思っていますので、ぜひ応援よろしくお願いします」とコメントした。

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング