EXILEがスペシャルサポーターに就任 マイケル×「シルク・ドゥ・ソレイユ」がコラボ

モデルプレス / 2013年1月17日 22時11分

「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」の発表記者会見に出席したEXILE(左から、MATSU、USA、MAKIDAI、TETSUYA、NAOTO)

EXILEのMAKIDAI、MATSU、USA、TETSUYA、NAOTOの5人が17日、東京・台場のフジテレビにて行われた「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」の発表記者会見に出席した。同イベントは、世界中の人々の記憶に刻まれたキング・オブ・ポップのマイケル・ジャクソンと、世界を魅了し続けているエンターテインメント集団のシルク・ドゥ・ソレイユによる夢のコラボレーション「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」日本公演の開催を記念して実施。また、同公演を盛り上げるスペシャルサポーターにEXILEが就任したことも発表された。

10月にロンドンで一足早くショーを観てきたUSAは「観客もライブのように楽しんでいて会場にいると踊りだしそうになりました。マイケルもこのショーを観たかったと思います」と感想を寄せた。

マイケルへの思い入れや一番好きな曲を聞かれるとNAOTOは「Billie Jean。初めて見たムーンウォークは衝撃でした」とコメント。ほかの4人は「Human Nature」と回答し、「僕らの青春時代の曲」としみじみ語った。また、USAは「学校までムーンウォークで通っていた」と言い、その場でキレのあるムーンウォークを披露した。

MATSUがマイケルのお宝グッズ・私物Tシャツとフィギュアを紹介し、TETSUYAは同公演の衣装デザインを務めたザルディ・ゴコに依頼して製作されたEXILEの衣装に感動するなど、終始熱いトークが繰り広げられた。最後に、同公演名称の「イモータル」にちなみ樽酒がステージに登場。5人で鏡割りを行い日本公演の成功を祈願した。

同公演は、コンサートでもサーカスでもない新感覚のショーとなっており、誰もが知っているマイケルの名曲の数々を、シルク・ドゥ・ソレイユが創造的かつアクロバティックなダンスで表現するという、世界最高峰のエンタテインメント。生前にシルク・ドゥ・ソレイユとのコラボレーションを熱望していたマイケルと、彼の音楽・人間性に感銘を受けたシルク・ドゥ・ソレイユの相思相愛によって実現された。

「ダイハツ プレゼンツ マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」日本公演は、5月9日(木)から6月16日(日)まで、さいたま、横浜、名古屋、福岡、大阪にて全36公演を開催する。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
EXILE・AKIRA主演「GTO」復活 MATSU、AAA、壇蜜が参戦
<紅白本番>EXILE、復興への祈りを込め2年連続「Rising Sun」披露
三代目 J Soul Brothers、初の単独全国ツアー最終日にサプライズゲスト登場
「EXILE」名曲ランキング発表
EXILE、新曲は上戸&HIROの祝福ソング!その全貌が明らかに

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング