壇蜜の衝撃ふんどし姿を評価 「ベストフンドシスト賞」受賞

モデルプレス / 2013年2月13日 16時21分

昨年12月に開催された「壇蜜生誕祭」で白ふんどし姿で神輿に担がれ登場した壇蜜

グラビアアイドルの壇蜜が、日本ふんどし協会が主催する「2012年度ベストフンドシスト賞」を受賞した。

同協会は「みんなで締めれば怖くない!」「ナイスふんどし!」を合い言葉に、ふんどしの魅力を世の中に伝える活動を実施。その一環として、2月14日を“ふんどしの日”と定め、ふんどしの普及に貢献した著名人を対象とした「BEST FUNDOSHIST AWARD」の選出&表彰を行っている。

壇蜜の選出理由について、同協会サイトでは「普段はノーパンを公言している彼女ですが、2012年12月、ご自身の生誕祭で『ふんどし姿』になられたことが翌日のスポーツ紙を賑わせました。『ふんどし』というキーワードを世に広めて頂いたことを高く評価させて頂きました」と説明されている。

同賞には作家・クリエーターのいとうせいこう氏やお笑い芸人・NONSTYLEの井上裕介らも選出されたほか、大賞はフリーアナウンサーの住吉美紀が受賞。パーソナリティを務めるラジオ番組内で日本ふんどし協会との異例のコラボ企画を実施し、自らもふんどしを愛用していたことなどが高く評価された。(モデルプレス)

◆「BEST FUNDOSHIST AWARD 2012」受賞者

大賞:住吉美紀(フリーアナウンサー)
受賞:いとうせいこう(作家・クリエイター)※2年連続
   小山薫堂(放送作家・脚本家)
   NONSTYLE 井上裕介(お笑い芸人)
   壇蜜(タレント)
   山口勝平(声優・俳優)
特別賞:『押忍!!ふんどし部!』(舞台)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング