尾上菊之助、2ショット結婚会見 電撃婚を語る「この人しかいない」

モデルプレス / 2013年2月14日 15時44分

結婚報告会見を行った尾上菊之助、波野瓔子さん

結婚を発表した歌舞伎俳優の尾上菊之助(35)と歌舞伎俳優、中村吉右衛門の四女・波野瓔子さん(30)が14日、都内にて婚約報告会見を行った。


菊之助は「歌舞伎の偉大なる柱である、先輩方を多く亡くしまして、日も浅いこの時期ではございますが、4月に歌舞伎座の開場も迫っております。喪が明けてからの祝賀が通常の判断かとも思いましたが、歌舞伎という同じ環境で育った女性を伴侶に得て、この難局を乗り越えていくことが重要だと考えました。まだまだ未熟な2人ではございますが、見守って頂ければ幸いです」と深々と一礼。この日、会見前に交わしたという結納については、「特別な気持ちがしました。結納の言葉が交わされたときは、ゾクッとしました」と気を引き締めた様子を見せた。

幼い頃から顔見知りであった瓔子さんとは、2年ほど前から会食をするようになったという菊之助。そのときには、結婚を意識していなかったといい、「昨年の12月(中村)勘三郎兄さんがお亡くなりになりまして、中村勘九郎、中村七之助、2人の姿を見て、私も痛切な思いを感じました。そのときに、身を固めなければという思いが芽生え、もう一度考えたときにこの人しかいないと思い、12月の末、3回目の会食でお会いしたときに結婚の申し込みをしました」と電撃婚となった経緯を語った。

プロポーズの言葉を聞かれた瓔子さんは、「家を守って下さいと言う言葉を頂きました」と告白。突然の出来事に驚いたといいながらも、「昨年お食事をさせて頂くようになってからは、この人を支えていける存在になれればいいなと思っていました」とすでに決意を固めていたことを明かした。

また、2人はお互いの印象を、「明るいし、一緒にいると和む人です。2人でいると楽しいですね」(菊之助)、「とても温かく、優しい空気をまとっている方なので、一緒にいると羽毛布団に包まれているような気持ちになれる素敵な方です」(瓔子さん)とそれぞれコメント。瓔子さんの左手に光るエンゲージリングについては、「精一杯の気持ちを表しました」と菊之助が笑顔で語った。

会見には、それぞれの父・尾上菊五郎と中村吉右衛門も出席。菊五郎は、「娘の(寺島)しのぶが、フランス人の旦那を貰ったとき以上にびっくりしました」、吉右衛門は、「娘には、歌舞伎界のことは何も教えていなかったので、こんな娘でいいの!?と思いました。でも、そのとき菊之助くんは、お相撲さんの役を演じていたので『押しが強かった』」とコメント。終始笑いを交えながら質問に答える2人に、会見は和やかな空気に包まれた。

2人の挙式は、神田明神で2月26日に、披露宴は9月に行われる予定。(モデルプレス)

■尾上菊之助プロフィール生年月日:1977年8月1日

七代目尾上菊五郎の長男として生まれる。母は女優の富司純子、姉は女優の寺島しのぶ。1984年に、6代目尾上丑之助を名乗り初舞台を踏む。1996年に五代目尾上菊五郎を襲名。今後の歌舞伎界を担う若手のひとりとして活躍している。また、現代演劇にも積極的に参加。蜷川幸雄演出作品や「犬神家の一族」に出演し注目を集めた。高い演技力が話題となり、これまでに読売演劇大賞優秀男優賞を3度受賞するなど、数々の賞を手にしている。

■波野瓔子さんプロフィール
生年月日:1982年8月31日

二代目中村吉右衛門の四女として生まれる。2005年に青山学院大学文学部フランス文学科卒業後、株式会社和光に入社。2012年10月に退社した。

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング