岡田准一&堀北真希ら豪華キャスト集結 ベストセラー小説を映画化

モデルプレス / 2013年3月11日 11時14分

映画「蜩ノ記(ひぐらしのき)」でヒロインを務める堀北真希

昨年直木賞を受賞した時代劇小説「蜩ノ記(ひぐらしのき)」が映画化され、俳優の役所広司が主演を務めることが10日、わかった。岡田准一、堀北真希、原田美枝子ら豪華キャストが脇を固める。

20万部を突破しベストセラーとなった葉室麟(はむろりん)著・「蜩ノ記」は、青年武士の成長と師弟愛のほか、男女の愛、夫婦愛・家族愛などの普遍的な人間ドラマを描いた本格時代小説。今回の映像化にあたり、役所は藩の重大な秘密を握り、10年の間幽閉されてしまう主人公・戸田秋谷役を演じる。

また、秋谷の監視役として派遣される檀野庄三郎役には、「SPシリーズ」以降映画出演が相次ぎ、本作が3度目の時代劇映画出演となる岡田准一。ともに実力派であり、初共演となる2人が、次第に結ばれていく師弟の絆を表現する。

本作のヒロインとして登場する秋谷の娘・戸田薫役は「梅ちゃん先生」が記憶に新しい国民的女優の堀北真希。さらに、主人公の秋谷を温かく見守る妻戸田織江役は女優の原田美枝子が演じ、庄三郎と薫の初々しい恋と、秋谷と織江の温かな夫婦愛が描かれる。

◆役所広司、岡田准一、堀北真希…キャスト陣からコメント到着

役所が「初めてご一緒する岡田准一さんとの仕事が楽しみです。堀北真希さん、原田美枝子さんなど素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと静かに深く作品に溶け込めるよう頑張りたいと思います」とコメントする一方、「子どもの頃からファンでもある役所さんと初めて共演させていただけることは嬉しくもあり楽しみです」と喜びをあらわにした岡田。

「小泉監督をはじめとした黒澤監督を支えてこられたスタッフの皆様と一緒にお仕事させていただけることを光栄に思います。また、スタッフ、キャストの皆様と人が人を思うことのすばらしさや原作からも感じた古き良き日本の美しさを描けるように撮影に臨みたいと思います」と意気込んだ。

また、今作でヒロインを務める堀北は、岡田とはデビュー作以来の共演だといい「当時何もわからない私に優しく接していただきました。今回は足を引っ張ることなく立派に頑張りたいです」と謙虚にコメント。「本当にその時代に生きた人がスクリーンに映るようにしたいという思いに応えられるように、所作も身につけ本番までに役作りをしていきたいです。薫の武士の娘として家族を支えていく覚悟や、前に出ていく強さではなく内に秘めた強さを持った部分を表現出来るようにしたいです」と意欲を見せた。

初監督作品「雨あがる」(00年公開)でヴェネチア国際映画祭で緑の獅子賞、日本アカデミー賞で最優秀作品賞他8部門を受賞した小泉堯史(こいずみたかし)が監督を務める本作。今年4月末から6月末まで岩手県や長野県など国内10箇所にてオールロケ撮影を行い、9月下旬に完成、2014年の公開を予定している。(モデルプレス)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング