便秘に効果的な食材とは?簡単な解決策も明らかに

モデルプレス / 2013年4月15日 21時28分

便秘になりにくい身体にするための生活習慣とは?/Photo by TipsTimes

雑誌「LEE」5月号では、便秘に悩む女性へ向けた「便活のススメ」特集を掲載している。

◆便秘に効果的な食材とは?

読者アンケートでは、便秘の対処法に「摂取する食べ物を工夫する」「水をたくさん飲む」という声が多数あり、薬などに頼らず、自然と出すことを望む人が多いそうだ。そこで特集では、便秘に効く食材が掲載されている。

「水溶性食物繊維」は、便をやわらかくする働きがあり、海藻や大根に多く含まれている。特に大根は水分が多いため、乾燥させることでカサが減り、少量でたくさんの食物繊維を摂取することができる。

また「発酵食品」も、腸内の善玉菌を増やす働きがあり効果的。漬物や納豆に多く含まれており、ご飯のお供にして手軽に摂取できる。ヨーグルトには乳酸菌が多くふくまれており、こちらも善玉菌を増やす効果アリ。さらに乳酸菌のエサとなるオリゴ糖をかけて食べると整腸作用の効果がアップする。

◆日々の生活習慣から、便秘になりにくい身体づくり

また同特集では、毎日の生活習慣から、便秘になりにくい身体づくりを提案。「毎朝コップ1杯の水を飲む」「朝食は必ずとる」「38~40℃の風呂にゆっくり入る」など、シンプルで簡単なものがあげられている。最近では、子供も便秘になるケースが多いようで、親子で一緒に始めるのもおすすめのようだ。

この他にも、読者の体験談やアンケートに加え、「生理前に便秘になりいやすいんです」「自分の『お通じ』が正常かどうか気になる!」など、便秘に対する全7項目の悩みへのアドバイスが掲載されている。(モデルプレス)

情報提供:「LEE」(集英社)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング