きゃりー、宇宙人と交信する

モデルプレス / 2013年5月7日 10時36分

きゃりーぱみゅぱみゅ6thシングル「インベーダーインベーダ―」発表(2013年5月15日発売、初回限定フォトブック仕様)

アーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅの6thシングル「インベーダーインベーダー」のミュージックビデオが6日、解禁された。

中田ヤスタカが「ジーユー」CMのために書き下ろした同楽曲は、“おっしゃ Let’s 世界征服”が合言葉の80’sテイスト漂うエレクトロポップなチップチューン。MVはきゃりーをリーダーとする謎の集団が宇宙人とコンタクトし、祭壇のようなステージで奉納パーティーを繰り広げるという奇想天外なストーリーとなっており、きゃりーは「インベーダーというと無機質なイメージを想像されがちですが、いい意味で裏切りたかったので、パステルの古着をパッチワーク風にリメイクして、ドレスを作りました!段ボールや扇風機を使ったあえて安っぽいセットや、ダンサーとの謎の儀式など見所満載のおもしろいミュージックビデオになっているのでぜひチェックしてくださいね!」とアピールした。

◆ダンスの難易度がさらにアップ

MV撮影は4月下旬、神奈川県・川崎のスタジオにて行われた。前作同様、演出・監督は田向潤が担当。デビュー前から親交があるスタッフと共に、きゃりー自ら企画段階から入念に打合せを重ねイメージを固めていった。

こだわりの衣装はきゃりーらしいパステルカラーのドレスに、宝塚歌劇団をイメージさせるヘッドアクセサリー。今回のドレスはきゃりーも日頃からよく通っている高円寺のショップ「Spank!」のTシャツやニットの古着をパッチワーク風にアレンジして制作された。ダンサー4体の衣装も同じ方法で制作され、それぞれこの世で1着の衣装が完成。スタイリストの飯嶋久美子を筆頭に、撮影当日ぎりぎりまで確認作業が行われた。

今作の見所のひとつでもあるセットも、ミステリアスな組織の世界観を演出するため、あえてチープな扇風機や段ボールなどを使用。照明とコラボレーションすると不思議な空間が生まれ、きゃりー本人も大満足の仕上がりだった。

ダンスは「毎回難易度が上がっている」ときゃりー談。現在ワールドツアー中ということもあり、ライブ後のMV撮影となったが、入念にコレオグラファーに確認しながら、完璧なダンスを披露。「だ」のお面をつけた4名のダンサーに加え、モコモコの着ぐるみを着用した2名と円盤から降臨するDJ風の宇宙人、いずれもプロの男性ダンサーを起用し、後半にかけて切れ味の鋭いダンスを披露している。

「インベーダーインベーダー」は5月15日発売。着うたフル(R)及びPC配信は5月8日よりスタート。(モデルプレス)

監督:田向潤
スタイリスト:飯嶋久美子
ヘアメイク:根本亜沙美
コレオグラファー:まいこ



■きゃりーぱみゅぱみゅ6th SINGLE「インベーダーインベーダー」
2013年5月15日発売
初回限定フォトブック仕様、通常盤
※初回プレス分にはきゃりーステッカーランダム封入

1. インベーダーインベーダー(ジーユーCMソング)
2. Point of view(CX「アゲるテレビ」オープニングテーマ)
3. ファッションモンスター-extended mix-

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング