伊原剛志、「プンタデルエステ国際映画祭」で日本人初の主演男優賞

モデルプレス / 2012年3月23日 15時0分

「プンタデルエステ国際映画祭」で日本人初の主演男優賞を受賞した伊原剛志(C)2011 Mixer All Rights Reserved.

南米・ウルグアイで3月10日~18日に開催された第15回プンタデルエステ国際映画祭にて、ブラジル映画「汚れた心」(原題:DIRTY HEARTS)に主演した伊原剛志が、日本人初となる主演男優賞を受賞したことが23日、分かった。本作は、敗戦直後のブラジルで実際に日系移民たちの間で起きた壮絶な事件を描いたブラジルのベストセラー「Coraçoes Sujos」を、「善き人」のヴィンセンテ・アモリン監督が伊原剛志、常盤貴子、菅田俊、余貴美子、奥田瑛二ら日本の実力派俳優をキャスティングして映画化した衝撃作。

伊原剛志は、「今回、遠いウルグアイの国際映画祭でこのような賞を頂き有り難うございます。2ヶ月のブラジルロケを通しキャスト・スタッフが協力し一丸となって作った作品です。素晴らしい環境に巡り会えた事に感謝し、一人でも多くの方にみて頂ければ幸いです」とコメントを寄せている。

映画「汚れた心」は、今夏ユーロスペースほか全国で順次公開となる。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
ドリカム吉田美和、19歳年下ミュージシャンと結婚 コメント発表
旭化成2012年キャンギャル決定! 新作水着をお披露目
川越シェフ、歌手デビュー決定・Twitter開始 ファンの反応は?
「作ってあげたい彼ごはん」累計300万部突破、レシピが同世代の女性から圧倒的な支持
田中律子が離婚 コメント発表

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング