マリエ、NYから「TOKYOViVi」の新創刊にエール

モデルプレス / 2012年4月10日 0時47分

マリエ、日本を離れた半年間の想いを語る

モデルのマリエが、4月10日発売の新雑誌「TOKYOViVi」(講談社)にて8ページの責任編集ページを担当。同雑誌の新創刊を控え、モデルプレスに寄稿した。マリエは昨年10月、ニューヨークの名門美術大学「Parsons The New School for Design(パーソンズ美術大学)」に入学。「TOKYOViVi」では、「FASHION Correspondent MARIE'S NEW YORK DIARY」と題して特派員マリエのHOTニューヨークダイアリーが特集されている。

特集はマリエが見た、ジル・スチュアート、ダナ・キャラン、トリーバーチ、マーク・ジェイコブスなどのコレクションレポート、大学での授業や課題の写真、最近ハマっているものなど、ニューヨークでの生活が垣間見える貴重なショットが並んでいる。


◆マリエから本人コメント到着!NYから「TOKYOViVi」の新創刊にエール

半年間日本を離れると、「やっぱり日本に生まれて良かったなぁ」と思っていますが、留学先のパーソンズ美術大学は、ずっと昔から行きたかった憧れの大学なので、毎日が本当に夢のようです。学びたい時に学びたい事を学べるのは幸せです。その想いを出来る限り「TOKYOViVi」で表現してみました。みんながいつもすっごく応援してくれるから、くじけず今も頑張れます!これからも宜しくお願いします☆


◆新創刊「TOKYOViVi」立ち上げの理由、きっかけ

「TOKYOViVi」編集部からのコメント

「ViVi」を卒業した読者にヒアリングしたところ、その大半が「もう雑誌を読んでいない」ということでした。

既存の雑誌で読みたいと思うものがなく、また欲しい情報だけをインターネットでリアルタイムに得ることができるから、というのが主な理由でした。

「ViVi」の持つミーハーでガールな世界観は好きだけれど、年齢的には厳しい。今ある雑誌では満足できない。オシャレもライフスタイルも、一段進んだアプローチを知りたい・・・そんな声を聞くうちに、ここに夢があると考えました。

本日発売の「TOKYOViVi」は、いくつになってもおしゃれで可愛くいたい、すべての女性に向けてつくりました。そんな女性たちのさまざまなシーンに寄り添うことができる雑誌に成長できたら、と思います。応援どうぞよろしくお願いします。


◆「TOKYOViVi」CONTENTS・ダイジェスト

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング