むくみ撃退エクササイズ<「プリマスタイル」カイロ国立バレエ団☆落合リザのバレリーナ的日常Vol.10>

モデルプレス / 2012年8月16日 11時0分

落合リザ

エジプトのカイロ国立オペラバレエ団でアジア人初の主役を演じるなど、今大注目の日本人バレリーナ・落合リザがお届けするモデルプレス連載コラム「“プリマスタイル”カイロ国立バレエ団☆落合リザのバレリーナ的日常」。バレエにまつわるエピソードや、しなやかな身体を作るお手軽ストレッチ、外国人の美容事情などをお伝えしていきます。今回はカイロ国立バレエ団での、ブラックスワンストーリー!(笑)

よく、バレエ団ってナタリーポートマン主演のブラックスワン!のイメージがあるのだけど実際ってどうなの?と聞かれる事が多いのだけど…。

あの映画は怖かったー!あれを見た直後に白鳥の湖の公演があったんだよ~。気分はブラックスワン!もちろん役の取り合いといじめまくり!なーんちゃって。(笑)

バレエ団、特に楽屋は一番若い子が集まってて、小さいいざこざはあるけど(バレエに限らずどこでもあるよねっ)比較的、みんなさっぱりしてて仲良し!

あと、面白いのが主役踊る時だけ楽屋が変わったりすることもあるのです。でも、ひとりぼっちで逆に寂しいよー。写真は同じ楽屋のロッカーお隣の子と♪


リハーサルが終わっても、楽屋ではさっき踊ったここが違う!とかタイミングや音の取り方が相手の思ってる事と違って大喧嘩になったりもするけど、次の日には忘れてる…。

トウシューズに画鋲!とかは、ないけどやはりヘマしたりすると、そこまで言う???という位、すんごくボロボロに言われます(笑)

年上バレリーナさんが、うちの楽屋に文句を言いに来る事も結構あるのです…!怖いよ~(笑)みんなで、沈黙してお説教受けてます!

それで楽屋の雰囲気が一時的に悪くなったりもするけれど、その時だけであとは全然引きずらない!役の取り合い的な事もあるにはあるけれど、本番が近くなってくるとお互いを応援して良い作品を作ろうムードになるよ!

次の日にはちゃんといつも通り!というのがカイロバレエスタイル(笑)気にしてるのは自分だけだから、逆に気にしてるとまだ昨日の事まだ考えてるの?と怒られます…!

だから楽屋はわいわいしてて、まるで学校の部活動のよう!私も色々やらかしてます…かぶり物被ってみたり…(笑)


これは、ディレクター(芸術監督)との関係も同じなんです。上司だし、一番偉いトップの人だから怒られたらへこむのも当たり前なんだけど、みんな団員達は出来ない事は出来ない!

良いことは良い。違う事は違う。それをディレクター相手にでもハッキリ言うんです。日本ではあり得ない光景を多々みますよ…(笑)おそろしい~!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング