乃木坂46西野七瀬&高山一実“たかせまる”の旅の思い出 「おしゃれなペアルック」も

モデルプレス / 2017年6月20日 0時38分

西野七瀬、高山一実(C)モデルプレス

【西野七瀬・高山一実/モデルプレス=6月20日】乃木坂46がタイ観光大使に就任し、19日都内で行われた記者発表会にメンバーの齋藤飛鳥、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、堀未央奈、松村沙友理が出席した。メンバーは動画やグラフィックなどを撮影するために、4月末にタイへ。ここではバンコク・アユタヤの寺院を中心に巡った高山&西野の“たかせまる”コンビが会見で話した旅の思い出をお届け。

― 衣装がちょっと個性的ですね。

西野:手編み感がすごいよね。

高山:そうそう。

西野:たぶん同じブランドの洋服。

高山:おしゃれなペアルックだなって。もともといつか誰かとペアルックをやりたいなっていう願望があったので、こういう形で叶って嬉しいです。

― バンコク・アユタヤはいかがでしたか?

西野:めっちゃ綺麗でした。私たちは遺跡とか寺院とかにいっぱい行ったんですけど、カラフルで綺麗なパターンもあれば、写真で撮ったみたいに歴史を感じるような場所もあって。どちらも楽しめました。

高山:パワースポットじゃないですけど、実際にお守りみたいなやつをもらいました。ミサンガみたいなもの。近くにいたスタッフさんはみんな結んでもらって(笑)。これでいいことあるといいなっていう風に思っています。

― ワット・チャイワッタナラームでは“ジョジョ立ち”(※西野が『ジョジョの奇妙な冒険』の大ファン)もしたそうですね。

高山:あっ!

西野:しました!やっぱりどうしても良いロケーションだったので。携帯で撮っていたら、ついてくださっていたスチールのカメラマンさんにも撮っていただきました。

高山:そうそう(笑)。なーちゃんに“ジョジョ”のポーズを教えてもらって。

西野:ノリノリでした!

◆お互いのお気に入りショット

会見ではお互いが気に入っている写真を紹介する一幕もあった。高山は西野がゾウと仲良く写るショット、西野は高山が上唇に青い飲み物をつけている“あざとい”かずみんのショットをチョイスした。

― 高山さんが選んだ西野さんの写真は?

高山:タイトルは「動物大好きなーちゃん」。自撮りのカメラを構えたらゾウさんがこのポーズを取ってくれたんです。お利口さんで。こっちを見てるんですゾウさんが。

― すごい空気読めるゾウですね。

高山:そうなんですよ。頭良くてね。私はちょっと距離が…。やっぱりちょっと怖くて、距離あるんですけど、なーちゃんは隣にずっとゾウさんがいて。お気に入りの写真です。

― 西野さん良い表情してますね。ゾウと仲良くなったから?

西野:もうベタベタしてました。

― では西野さんが選んだ高山さんの写真は?

西野:じゃん。「珍しくあざとさを感じるかずみん」。

― これはどこで?

西野:これはカフェで、こういう青い飲み物があって。飲むと私もついたんですよ。上唇に絶対ついちゃうんですけど、ついたあとにカメラを向けると、珍しく。

高山:こうあえてどっかにつけるとかちょっとあざといじゃないですか(笑)。なかなか自分はやったことなかったんですけど、ちょっとついたので、もうなんかドヤっていう顔をしたらこういう顔になりました。

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング