川口春奈、坂口健太郎の“暴露話”求められ逆質問 エピソードが次々飛び出す<イノセンス~冤罪弁護士~>

モデルプレス / 2019年1月12日 4時0分

川口春奈、坂口健太郎(C)モデルプレス

【坂口健太郎・川口春奈/モデルプレス=1月12日】俳優の坂口健太郎と女優の川口春奈が11日、東京・日本大学法学部で行われた日本テレビ系新ドラマ「イノセンス~冤罪弁護士~」(1月19日スタート/毎週土曜よる10時)第1話先行特別試写会に登場した。

◆川口春奈、坂口健太郎の暴露話求められ…

今作は、弁護士・黒川拓(坂口)が、罪率ほぼ100%の日本の裁判で冤罪を晴らすという“奇跡”を起こすため、新米弁護士の和倉楓(川口)ら仲間と共に、冤罪に挑む本格弁護士ドラマ。試写会には室谷光一郎弁護士も共に登壇し、法学部の学生を前にトーク。年末の「ガキの使い!大晦日年越しSP!絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(日本テレビ系)にて、スケバン姿でガキ使メンバーの“恥ずかしい秘密”を次々と暴露し話題を集めた川口には、記者から撮影現場の坂口について暴露エピソードを教えてほしい、と質問が飛ぶ場面があった。

「難しい」と頭を抱えた川口は、坂口本人に「あります?」と逆質問。会場から笑いが起こると、「僕の意外な一面ですか(笑)?自分で言うのもあれなんですけど、(撮影現場で)映ってないときは笑ってます」と自ら“意外な一面”を暴露した坂口。これに川口は納得した様子で「誰よりも笑ってます。ゲラです。ゲラ役者です」と紹介し、会場はさらなる笑いに包まれた。

坂口は、芸達者な役者陣の掛け合いに思わず笑ってしまうようで「面白くて(笑いが)止められないんですよね」といい、「NGというか、撮り直しがあったり。NGですね(笑)」とまたも自ら暴露。その後は、川口から坂口に関して「自宅ではソファーで寝落ちしちゃってベッドには行かずに(朝)起きちゃう」と暴露エピソードも飛び出し、「ヘアメイクさんに申し訳なく思ってます…」と苦笑いした坂口だった。

◆坂口健太郎、学生の拍手に感謝

このほか、学生からの「弁護士の魅力は?」「台詞を覚える中で印象に残っている法律用語は?」などといった質問に回答するなど、弁護士ドラマにちなんだトークを繰り広げた3人。

最後に坂口は「こうやって法学部の学生の皆さんの前で弁護士の役を語るっていうのは緊張するなって思ったんですけど、入ってきたときの拍手が本当にありがたかったというか、僕がメッセージをいうというよりかはメッセージをいただいたなと今思っています」と学生たちに感謝し、「(演じる拓の)すごく好きなところは折れないところ。戦い続ける姿というか。もしかしたらそれが苦しんでいる姿に見えるときもあるかもしれないんですけど、拓を演じていて法の力だったり、弁護士の力、人の力っていうのを感じた。“弁護士モノ”っていう一括りの作品ではなくて、人の心を丁寧に描いている(ドラマだ)なと思います」とアツく語った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング