矢本悠馬、父親役を演じて結婚を決意?「とてもいい影響を得た作品」<アイネクライネナハトムジーク>

モデルプレス / 2019年8月21日 21時5分

矢本悠馬(C)モデルプレス

【モデルプレス=2019/08/21】俳優の矢本悠馬が21日、都内にて行われた映画『アイネクライネナハトムジーク』(9月20日公開)完成披露舞台挨拶に、主演の三浦春馬をはじめ、多部未華子、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造、今泉力哉監督とともに出席した。

今年1月に結婚し、7月に第1子が誕生したことを発表していた矢本。今作の撮影は結婚前に行い、高校生の娘がいる父親役を演じていた。

矢本は「役者とデビューしてから、高校生役と高校生の制服を着すぎて、世間では僕を高校生と思っている人もいると思うんですよ。その中で父親を演じるプレッシャー(があって)、まずは体重を増やしました」と告白。「当時は結婚もしていなかったし、子どももいなかったので、想像で補うしかなかった」と役作りの苦労を明かした。

しかし、今作で父親役をやったことがきっかけで「結婚とか家族とか楽しそうだなという発想になって、今年結婚したんだと思います」と幸せいっぱいに話すと会場からは温かな拍手が。「とてもいい影響を得た作品になりました」と笑顔をみせた。

◆三浦春馬主演映画「アイネクライネナハトムジーク」

今作は、伊坂幸太郎氏初にして唯一の恋愛小説集を映画化。不器用ながらも愛すべき人々とのめぐり会いの連鎖を10年に渡り描いている。

矢本はちょっと変わり者で居酒屋で働く・織田一真を演じ、一真の娘・織田美緒を恒松が演じた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング