2020「ミス・ユニバース」日本代表は24歳・栃木愛シャ暖望さん 夢は「偏見をなくすこと」

モデルプレス / 2020年10月29日 22時24分

栃木愛シャ暖望さん(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/10/29】ミス・ユニバースの日本代表を選出する「2020 Miss Universe Japan Final」が29日、都内にて開催され、会社員の栃木 愛シャ 暖望さん(とちぎ あいしゃ はるみ/24歳/東京都出身/千葉県在住)が見事、グランプリとなる2020 Miss Universe Japanに輝いた。

◆ガーナ人と日本人の両親を持つ栃木さんが栄冠

ガーナ人と日本人の両親を持つ栃木さんは、「すごく嬉しいです。去年から受けていたのでやっと夢が叶ったという気持ちでいっぱいです」と受賞した喜びを言葉にした。

「周りの子たちが輝いていたので、どの子がなってもおかしくはない大会だったと思います」と振り返り、ウォーキングやスピーチの練習などに協力してくれたという家族に感謝した。フラフープが得意で、「結構なスピードで回せます」と笑顔を弾けさせる一幕もあった。

◆夢は「偏見をなくすこと」

将来の夢については、「誰もが過ごしやすい社会を作ることです」といい、「私の夢である“偏見をなくす”こと、これを世の中に発信できたらと思っています」とも。「偏見には色々な種類があると思います。私のような黒人の血が入っている人に対する人種差別もありますが、女性としての差別だったりと、様々な差別があります。それらを実際に私は人生で経験してきたので、多くの人に伝えたいと思っています」と想いを告げた。

囲み取材の終盤、改めて心境を尋ねられると、「最初はグランプリを獲れて夢のようだったのですが、この場に立ってこうやってじっくりと話していること、これが現実なのだなと改めて感じました。これが私の最初の第1歩でもあるので、みんなが平等に過ごせる社会を実現したいと思っています」と目を輝かせた。

Miss Universe Japanは、真に美しい現代女性の発掘と育成・発展を総合的にプロデュースし、日本そして世界で活躍をする女性リーダーを世に送り出すことを理念としている。栃木さんは日本代表として世界大会(詳細未定)に出場予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング