NTTグループ5社、CDO(Chief Digital Officer:最高デジタル責任者)を設置

MONEYzine / 2018年8月6日 9時0分

 デジタルトランスフォーメーションによる業務プロセスの効率化などに取り組むため、日本電信電話、東日本電信電話、西日本電信電話、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモはCDOを設置した。

 日本電信電話、東日本電信電話、西日本電信電話、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモは、自らのデジタル化(デジタルトランスフォーメーション)を通じた業務プロセスの効率化や新たな付加価値サービス提供等を推進するため、CDO(Chief Digital Officer:最高デジタル責任者)を設置した。NTTデータが含まれないのは、同社がすでにデジタル戦略を牽引する執行役員を配置済みであるため。

 デジタル技術の革新による、既存産業の破壊と新たな価値の創造(デジタル・ディスラプション)が進展する一方、国内においては少子高齢化や労働力人口の減少など消費者の生活や企業活動に大きな影響を与える事象が進行している。各社のCDOは、5G導入やPSTNマイグレーション(固定電話のIP網への移行)などを含む環境変化にスピーディーかつ柔軟に対応するデジタル戦略策定とその推進を担う。

MONEYzine編集部[著]

moneyzine

トピックスRSS

ランキング