1か月あたりの資産運用額、単身者は「28,633円」、同居ありの人は「35,763円」

MONEYzine / 2018年11月14日 15時0分

写真

 ひと月自由に使える金額と使い道についての調査で、単身者と同居ありの人でいくつかの違いが見られた。単身者は「貯蓄」、同居ありの人は「資産運用」に注力しているようだ。

■自由に使えるお金の平均額は「2万4千円」

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部の有馬賢治教授の研究室は、インターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」会員モニターを対象として、消費者の自由裁量所得と使途の状況について調査した。

 個人的に自由に使える1か月の平均的金額を一定幅の選択肢から選んでもらい、その中央値などから算出した平均値を求めたところ、有効回答者2006名の平均値は24,096円となった。

 男女別での平均値は、男性27,553円(997名)、女性20,680円(1,009名)。

 世代別での平均値は、10代15,081円(313名)、20代23,489円(315名)、30代25,463円(325名)、40代24,842円(345名)、50代26,777円(347名)、60代27,921円(361名)。

 性別では男性が女性よりも7千円近く多く、世代別では10代と20代以上の世代では8千円以上の差が見られるものの、20代以上の各世代間での平均金額の差は極端には大きくないことがうかがえる。

■「単身」と「同居」で、最大8000円の差

 同調査では、自由裁量所得の金額差が発生する原因の1つである「居住の人数」に着目し、単身居住者と同居者がいる人別にグループを分類して平均値をまとめた。

 居住形態別の区分では回答者グループの人数に隔たりが出たが、統計的には5%水準で各グループ間の有意な差が確認できた。

 性別では男女ともに3千円程度、単身居住者のほうが金額が多い結果となった。世代別では、60代を除く10代~50代は単身居住者の金額が多く、特に20代以外の10代と30代~50代の単身者においては同居者のいる人との金額差が8千円前後の開きが出る結果となった。

■単身者は「貯蓄」、同居ありは「資産運用」

 自由裁量所得は、どのような用途に使われているのだろうか。この調査では、23項目の主な用途の中から該当するものすべてを選んでもらい、その「1か月あたりの平均支出金額」と「1週間あたりの平均消費時間」について自由記入式でたずねた。

 1か月あたりの平均支出の実質的な金額について質問し、回答者が多かった上位3項目は以下のとおり。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
moneyzine

トピックスRSS

ランキング