大和投資信託、投資体験アプリのキャラデザインに「キズナアイ」の森倉円氏を起用

MONEYzine / 2019年6月13日 10時0分

写真

 大和投資信託は、投資体験アプリ「iFreeタッチ」に、バーチャルYouTuber「キズナアイ」などのイラストで知られる森倉円氏を起用。優勝賞金100万円のダービーも開催する。

 大和投資信託は6月12日にリリースした投資体験アプリ「iFreeタッチ」は、バーチャル・コンシェルジュと一緒に投資を学びながら、お気に入りのファンドに資金を配分。「資産をどれだけ増やせるのか?」を楽しめる投資体験アプリ。

 キャラクターデザインには、人気イラストレーター森倉円氏を起用。森倉氏は、制服少女を中心に、日常の仕草や季節感のある瞬間を切り取るイラストで人気を集め、バーチャルYouTuber「キズナアイ」のキャラクターデザインでも知られている。

 「iFreeタッチ」は、実在のファンドと連動した投資シミュレーションアプリで、アイテム課金などはなく、仮想資金を使うことによって無料で投資体験を楽しめる。アプリ開発は、金融アプリの開発実績を持つキーポート・ソリューションズ、エンタテイメントコンテンツなどを開発するトーセと共同で行われた。

 運用するのは、大和投資信託の「iFree(アイフリー)」シリーズで、現在、「iFree」「iFreeNEXT」「iFreeActive」「iFreeレバレッジ」と4つのカテゴリー、全26ファンドがラインナップされている。

 大和投資信託は7月に、資産の増加率を他のプレーヤーと競い合う「iFreeダービー別ウインドウで開く」を開催。優勝賞金として現金100万円、他にも上位プレーヤーには高額賞金をプレゼントする。

MONEYzine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング