テリオスよ、知らない間に立派になっちゃって! あのテリオスが3列SUVになって大躍進【日本で買えないクルマ】

MōTA / 2020年5月27日 11時30分

ダイハツ 3代目テリオス

かつての日本のように誰もがクルマに憧れ、飛ぶようにクルマが売れている東南アジア。じつはそこには、激安モデルや日・欧・米などの“自動車先進国”では考えもつかないような超魅力的なモデルがいっぱい。今回は東南アジアで大活躍中の日本車をご紹介! 今回は90年代後半〜日本でも売っていたコンパクトSUVのダイハツ テリオス。

ダイハツ 3代目テリオス

コンパクトサイズから堂々のミッドサイズへ成長

現行モデルは全長×全幅×全高:4435×1695×1705と5ナンバーサイズはキープしているものの、かなり立派な見た目に

かつて日本で人気を博したコンパクトSUVのダイハツ テリオス。軽自動車版のテリスキッドもラインアップされ、当時はかなり人気の1台であった。テリオスは2008年、テリオスキッドは2012年まで日本で発売されていた。実はマレーシアなどでは今も販売されており、現行モデルは3代目まで進化しているのだ。

日本でも人気だったテリオス! 1997〜の歴史を振り返り

1997年に登場したテリオス、その兄弟車として翌98年には軽自動車のテリオスキッドもデビュー, テリオスの後継として2006年に登場したビーゴ。こちらもモノコックボディにラダーフレームを一体化させたビルトインラダーフレーム式モノコックを採用する本格派であった

1997年に登場したテリオス、その兄弟車として翌98年には軽自動車のテリオスキッドもデビュー, テリオスの後継として2006年に登場したビーゴ。こちらもモノコックボディにラダーフレームを一体化させたビルトインラダーフレーム式モノコックを採用する本格派であった

簡単にテリオスを振り返ると、1997年に登場した初代はラガーやロッキーの後継車という位置付けでデビュー。コンパクトクラスとしては珍しく縦置きエンジンにセンターデフロックを備えるなど、かなりの走破性の持ち主であった。2代目は2006年に登場したダイハツ ビーゴ(海外では引き続きテリオスの名を使用)にバトンタッチをし、2018年まで日本でも発売されていた。

車内もご立派! 日本でも売れそうなパッケージング

衝突被害軽減ブレーキやACCといった先進機能は装備されないものの、ンパクトクラスとしてはかなりの質感, 全長4.4m弱のコンパクトボディにも関わらず3列シートを装備。日本でも売れそうな内容だ

衝突被害軽減ブレーキやACCといった先進機能は装備されないものの、ンパクトクラスとしてはかなりの質感, 全長4.4m弱のコンパクトボディにも関わらず3列シートを装備。日本でも売れそうな内容だ

2017年登場の現行テリオスは歴代モデル同様のエンジン縦置きのFR構造に、3列シートを持つ7人乗りSUVという成り立ちで、周りのコンパクトSUVに比べるとヘビーユースにも耐えるというキャラクターを持つ。

日本で言えば、5ナンバーサイズで3列シートといかにも売れそうな内容なだけに、日本市場への導入を期待したいモデルだ。軽自動車のタフト、コンパクトなロッキー、その兄貴分としてテリオスと、ダイハツSUV3兄弟として売り込むのもアリだと思うのだが。

カッコよすぎて超羨ましい! 日本で買えないクルマはコチラ▼

【筆者:永田 恵一】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング