パパ・ママ友に200万円台でドヤれる外車3選【ダディ×マミー】

MōTA / 2020年7月20日 9時45分

当企画は「〜万円以下で買えるパパ・ママ友にドヤれる外車」をテーマに毎週さまざまな車種を元整備士ライターにピックアップしていただくというもの。

今回は7月中に紹介した車種をピックアップ! 見逃してしまった、もしくは初めての方も是非チェックしてみてくださいね。

200万円台でドヤれる外車3選

ポルシェ ボクスター

こちらでご紹介するのは、ポルシェ 987ボクスターです。

ポルシェといえば、RR(リアエンジン/リア駆動)が主流と捉えられがちですが、オープンカーのボクスターやクーペのケイマンはMR(ミッドシップ/リア駆動)を採用。

スーパースポーツであるポルシェ 911とは違い、やや出力を抑えたミドルクラスのスポーツカーです。

987ボクスターは2代目に当たる型で、上級モデルである997型911と半分以上の部品を共有し、ミドルクラスでありながら、ポルシェらしい質感の高い内外装と走りを十分味わうことができます。

メルセデス・ベンツ Vクラス

こちらでご紹介するのは、メルセデス・ベンツ Vクラスです。

初代Vクラスは、商用車をべースに1998年に誕生した、メルセデス・ベンツ唯一のLサイズミニバン。

現在新車で販売されているのは、2014年に発表された3代目で、日本では2016年から販売されています。

王道ど真ん中セダンのC、Eクラス、日本で根強い人気のGクラスなどの陰に隠れ、やや地味な存在。ミニバン王国である日本の中では、なかなか目立てないのも仕方ないかもしれません。

ですが、そこは天下のメルセデス・ベンツ。常に世界をリードしてきたメーカーらしく、質実剛健でドイツ車らしい魅力満載のLサイズミニバンです。

ジープ グランドチェロキー

JEEP(ジープ) というと、日本では武骨さが魅力的なラングラーが人気ですが、こちらでご紹介するグランドチェロキーは、悪路走破性とラグジュアリー性を贅沢に両立したジープのフラッグシップモデル。

クライスラー時代に販売されていた初代や2代目は日本でも人気モデルとなり、通称“グラチェロ”と呼ばれ親しまれてきました。

現在現行型として販売されているのは、2010年に登場した4代目で、モデルとして多少の古さはありつつも、息の長いモデルらしく熟成した完成度が大きな魅力です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング