懐かしの名車、DATSUN 510 ブルーバードが登場!「トランスフォーマー/ダークサイドムーン」【ドラマ映画に登場するクルマたち】

MōTA / 2020年7月19日 12時0分

日産 ブルーバード(DATSUN 510)

「トランスフォーマー/ダークサイドムーン」は変形玩具トランスフォーマーシリーズの実写映画化第3弾で、正義ロボットのオートボットが悪のディセプティコンから地球を守るアクション超大作です。今回は、変形しない普通のクルマですが、DATSUN 510(日産 ブルーバード)をご紹介します!

日産 ブルーバード(DATSUN 510)

DATSUN510がバンブルビーのコスプレ!?

懐かしのブルーバードが登場!

オートボット側の主人公・バンブルビーは、第1作目で人間の主人公・サムが初めて買う愛車として登場しました。初めはオンボロの74年型 2代目カマロ、それから公開当時未発表だった5代目カマロに変形し、すっかり黄色いカマロ=バンブルビーは定着。しかし今作では地球を守る仕事で忙しく、なかなかサムと一緒にはいられません。

しかし、就職活動に勤しむサムの元には、黄色い車が…。ボンネットの黒ストライプ、ルームミラーにはハチのマスコットなどバンブルビーに寄せてはいますが、でも、どう見ても2代目カマロじゃない…。

そう、装飾は似せていますが、フロントには「DATSUN」の文字。なんとこの車、バンブルビーのコスプレをした(?)DATSUN 510(ブルーバード)だったんです!映画のみの設定だったため、思わず「えっ、ファイブ・テン!?」と驚いたファンも多かったようですよ。

アメリカで初ヒットした日本車!

さて、「レアものが安く買えたんだ」と紹介される510ですが、実際、アメリカで売られた1960~70年代当時、日本車として初めて大ヒットした伝説のモデルでもあります。「高校生が最初に乗るクルマ」としても人気が高かったため、サムとバンブルビーの出会いと重なる部分もあって起用されたのかもしれませんね。

ちなみに、アメリカで510に続いてヒットしたのがダッツン・ズィーことフェアレディZ。両車ともいまだに人気が高く、根強いファンや、丁寧に手入れをして乗っている人も多いんですよ。

残念ながら、劇中の510はオートボットではなく普通のクルマなのでロボット変形はせず、またさすがに古いのでエンジンも全然かからないのですが、2001年で生産終了したブルーバードを懐かしむ声も多く寄せられました。

DATSUN好き、ブルーバード好きの方はぜひ、映画「トランスフォーマー/ダークサイドムーンダークサイドムーン」を堪能して下さいね!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング