億超えパガーニ ウアイラが登場!「トランスフォーマー/ロストエイジ」【ドラマ映画に登場するクルマたち】

MōTA / 2020年8月30日 12時50分

パガーニ ウアイラ

「トランスフォーマー/ロストエイジ」は変形玩具トランスフォーマーシリーズの実写映画化第4弾で、正義ロボットのオートボットと、その創造主や恐竜型のダイノボットなども巻き込んだ大きな争いが繰り広げられる傑作です。今回はパガーニ ウアイラに変形する敵ロボットをご紹介します!

パガーニ ウアイラ

カマロの主人公「バンブルビー」のニセモノ現る!

オートボットVS人造トランスフォーマー

映画4作目となる今作で敵となるのが、研究所で作られた「人造トランスフォーマー」です。主人公たちオートボットは宇宙で生まれたロボット生命体なのですが、それを人工的に造り出して同等の兵力を得ようという企みがあり、バンブルビーを参考にして「スティンガー」というプロトタイプが造られました。

しかし、スティンガーのビークルモードはカマロでなく、スーパーカーのパガーニ ウアイラ。仲間からこっちの方がカッコイイと言われ、バンブルビーはマジギレ。終盤で激闘を繰り広げることになります。

もちろん億超え! パガーニ ウアイラってどんなクルマ?

パガーニとはイタリアの自動車メーカーで、元ランボルギーニのデザイナーが立ち上げたスーパーカー専門ブランド。これまでにゾンダとその後継ウアイラという2車種のみを少量生産しています。

ウアイラはメルセデス AMG製V12エンジンを搭載。最高出力は730PSという驚異のパフォーマンスを誇り、ガルウィングのド派手なドアと、ぴょこんと飛び出した触角のようなサイドミラーが特徴的です。

今作ではこのウアイラがブガッティ ヴェイロンを追うという夢の豪華共演もあり、カマロが霞んでしまうほどの(ごめんねバンブルビー!)インパクトがありますよ!

バガーニ好き、スーパーカー好きの方はぜひ、「トランスフォーマー/ロストエイジ」を堪能して下さいね!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング