これで価格445万円はお得では!? 新型エルグランド購入検討者必見のおすすめグレードをご紹介

MōTA / 2020年10月21日 11時20分

日産 新型エルグランド ティザーサイトより

子育てに四苦八苦だった時期を超えて、少し余裕が生まれる30代。でもまだまだ荷物は多いし、子供たちとのレジャーも楽しみたい。

日産 エルグランド AUTECH[2020年10月改良モデル]

ついにマイナーチェンジ! 日産 新型エルグランドのおすすめグレードは250ハイウェイスタープレミアム

というファミリーにおすすめしたいのが、ラグジュアリーミニバンの先駆けとしてロングセラーモデルとなり、つい先日マイナーチャンジを受けて魅力アップしたばかりの日産 エルグランドです。

そして、30代ファミリーにイチオシのグレードが、「250Highway STAR Premium(ハイウェイスタープレミアム)」(7人乗り)444万9500円。

エンジンタイプは基本2.5LでOK! 常に荷物満載利用でなければコレで十分

というのは、まずエルグランドには7人乗りと8人乗りがあり、それぞれに3.5LのV6エンジンと2.5Lの直4エンジン搭載モデルがあります。

確かにパワフルな加速フィールや、高速道路などでの余裕たっぷりな走りは3.5Lに分があるのですが、頻繁にフル乗車で荷物満載で走るという人でなければ、2.5Lでもまったく不満はありません。

こどもが居るなら尚更2.5Lを! 3.5Lはハイオクのため維持費増に

しかも、3.5Lはハイオク仕様。燃費も2.5Lが10.0km/Lに対して3.5Lは8.7km/Lとやや悪くなるので、ランニングコストを考えても2.5Lがベター。まだまだ子供にお金がかかりますからね。

従来は、3.5Lと2.5Lで先進安全装備などに差があったのですが、最新のエルグランドはそうした装備差がなくなったので、2.5Lでも安心です。

新型エルグランドを買うならキャプテンシートの7人乗りを! ママさんも喜ぶこと間違いなし!?

で、グレードを見ていくと、2.5Lのベースグレードは「250Highway STAR S」369万4900円で、これは7人乗りでも8人乗りでも同価格です。

そして28万6000円アップで「250Highway STAR S Urban CHROME」398万900円があります。これも7人乗り/8人乗りが同価格です。

ベースグレードと何が違うかというと、日産といえばハイウェイスターというくらい、エアロがついてスポーティな外観となるのがハイウェイスターの魅力ですよね。

ですがそこに、Urban CHROMEはさらにモダンでオシャレな専用の装飾が追加されていて、クリアブラックタイプのリヤコンビネーションランプや、漆黒フロントグリルなど、プレミアムな雰囲気でエルグランドのキャラクターを引き立ててくれるわけなのです。

7人乗りのキャプテンシートにはVIPを味わえるオットマンも!

オットマン付きのシート※コチラの画像はイメージです

ただし、エルグランドを買うなら2列目がキャプテンタイプになる7人乗りを買わなきゃ意味がない、というくらい大事な2列目シートは、どちらも7人乗りにはロングスライド、シートバック中折れ機能(これが絶品!)、オットマンや角度調整式アームレストなど豪華装備の「コンフォタブルキャプテンシート」がついています。

キャプテンシートならママさんの寛ぎ時間も確保できる

2列目ベンチシートタイプ

8人乗りの2列目は6:4分割のベンチシートに。

そのためドライブ中に子供が眠ったら「自分もお世話から解放されてゆっくり休みたいわ」というママのためにも、ここは2列目がキャプテンタイプになる7人乗りをオススメしたいところ。

2列目キャプテンシートタイプ

なので、その2列目シートだけあれば十分というファミリーなら、「250Highway STAR S Urban CHROME」の7人乗りでもいいのかなと思います。

運転席の快適さも譲れない! 長期的に見れば価格445万円は安い

でもですよ、運転することの多いパパはどうでしょう。

シートヒーターもない、シートメモリーもなければパワーシートでもない、普通のシートだなんてちょっと寂しくないですか。

そこでイチオシのグレード、「250Highway STAR Premium」(7人乗り)になるわけです。

46万8600円アップって聞くと「高っ」と思うかもしれませんが、まずシート素材が本革になります。そして、クイックコンフォートシートヒーターが付きます。

これだけでも嬉しいですよね。

ハイウェイスタープレミアムなら助手席にもオットマンが! 夫婦ドライブも超快適に

さらに、ドアミラーまで連動のドライビングポジションメモリーがつき、スライドやリクライニング、ランバーサポートまで電動のパワーシートになるんです。

助手席もパワーシートでオットマンまでつくので、夫婦だけで出かける際にも、ちょっとリッチな気分になれそうですね。

木目調のインパネがマストの方は最上級グレードを!

250Highway STAR Premium Urban CHROME

実は、もう一つ上に「250Highway STAR Premium Urban CHROME」465万8500円というトップグレードがあるんですが、こちらはインテリアが木目&本革づかいになることと、外観がUrban CHROME専用となるくらいなんで、この内外装がめちゃ気に入ったという人でなければ、「250Highway STAR Premium」でいいのかなと思います。

欲をいえば、LEDバンパーイルミネーションが、ほかのグレードは車幅灯連動が標準装備なのに、これだけオプションになっちゃうのが惜しいところですけどね。

でも、至れり尽くせりのプレミアム装備で、毎日が豊かになりそうなエルグランド。オプションで「ロングステップ&ステップイルミネーション」をつけて、後席の乗り降りも優雅に安全に、心にも余裕を持って乗るのがオススメです。

[筆者:まるも 亜希子]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング