売れ行き好調なJeep(ジープ)ブランドを支えるのは若いユーザー! 人気の理由は“Real(リアル)”だから!?

MōTA / 2020年11月17日 11時20分

「Jeep Renegade 4xe(ジープ レネゲード フォー・バイ・イー)」[プラグインハイブリッド] Jeep Renegade Trailhawk 4xe(ジープ レネゲード トレイルホーク フォー・バイ・イー)[Photo:MOTA編集部]

日本市場で好調な売れ行きを伸ばすアメリカンSUVブランド「Jeep(ジープ)」。2020年10月にはブランド初のプラグインハイブリッドモデル「レネゲード4xe(フォー・バイ・イー)」も発売され、さらに勢いを増している。そんなジープは、若いユーザーからも支持を集めているという。その理由について探ってみた。

「Jeep Renegade 4xe(ジープ レネゲード フォー・バイ・イー)」[プラグインハイブリッド] Jeep Renegade Trailhawk 4xe(ジープ レネゲード トレイルホーク フォー・バイ・イー)[Photo:MOTA編集部]

オーナーの満足度を高めるプログラム「Jeep Wave」がスタート

2020年も好調! ジープの2大人気モデルとは

ジープ ラングラー

アメリカンSUVの老舗ブランド「Jeep(ジープ)」が好調だ。2019年は1年間に13360台を販売。2013年から6年連続で販売台数を伸ばしている。

日本でのジープ人気をけん引するのは、2018年にフルモデルチェンジを実施した「ラングラー」と、2015年登場のコンパクトSUV「レネゲード」。この2台だけで国内のジープ販売の7~8割を占める2本柱となっている。特にレネゲードは9月、過去最高記録となる約600台を販売するなど絶好調だ。

「Jeep Renegade 4xe(ジープ レネゲード フォー・バイ・イー)」

そんな勢いをさらに加速させるレネゲードの新たなラインナップが、2020年10月21日に登場した。その名は「Jeep Renegade 4xe(ジープ レネゲード フォー・バイ・イー)」。ジープ初となる外部充電可能なプラグインハイブリッド(PHEV)モデルである。1.3リッターエンジンと2モーター、11.4kWhリチウムイオンバッテリーから構成され、モーターのみで最長48キロ走行が可能だ。

バッテリーの充電は、車両に付属の普通充電ケーブルを利用してEV専用充電コンセントから可能。普通充電のみに対応で、満充電までの所要時間は約4時間となる。

価格は「リミテッド 4xe」498万円、「トレイルホーク 4xe」503万円(共に消費税込)となっている。

フリーメンテナンスに加えイベントや会員サイトも用意

レネゲード4xeの発売に合わせ、11月2日にはオーナー向けのプログラム「Jeep Wave(ジープ・ウェイブ)」がスタートした。

今後販売するジープの新車全車種に3年間のフリーメンテナンス(車検を除く法定点検や指定メンテナンス)が付帯するプログラムだが、それだけなら他社でも見られるサービスだ。しかしJeep Waveの特典はそれだけでない。

Jeep Waveでは、ジープのオフィシャルウェブサイト内にオーナー限定の会員サイトを開設。オーナー向けの特別イベントや優遇キャンペーンなどをいち早く紹介するなど、ジープブランドに対する信頼性や愛着をより高める施策となっているのだ。

例えば限定イベント「Jeep HANABI 2020」は、現ジープオーナーだけが申し込める特別な「ドライブイン」花火大会を、車内から鑑賞出来るというもの。10月末から11月にかけ関東・関西・東海の3エリアでシークレット開催された。

また毎年行われているフォトコンテストでは、ジープと寄り添うオーナーとの素敵な瞬間を切り取った写真の数々が選出され、優秀作品は公式Web上で公開されている。こちらはオーナー予備軍の方々にとっても夢が膨らむことだろう。

ジープのパワーワードは“Real(リアル=本物)”

ジープ レネゲード4xe

FCAジャパンのマーケティング本部長、ティツィアナ・アランプレセさんに伺うと、Jeep Wave導入に合わせアメリカンSUVのアクティブなイメージにマッチするアウトドアイベントなど、既に行われているイベントも今後さらに充実させていくという。

ティツィアナさんによると、ジープは輸入車の中でも特にオーナーの平均年齢が若く、全モデル平均で40歳前後だという。ジープが若いユーザーに支持されている理由について「他社にはない、本物のジープ(SUV)だから」と説明する。

ジープは、第二次世界大戦で活躍した軍用ジープを市販化した「ジープ ウィリス」に端を発する老舗中の老舗ブランド。今もウィリスの流れをくむ“本物”のジープ ラングラーを生産し続け、そのDNAはコンパクトSUVのレネゲードなどにも確実に継承されている。

ジープ ラングラー

ジープでは各種イベントやオーナー向けWebサイトにおいて、ジープブランド特有の価値を端的に表す“Real(リアル=本物)”というパワーワードをここ数年一貫して訴求。こうした活動も功を奏し、若いユーザーからの支持を集め続けているとティツィアナさんは分析する。

Jeep Waveは2015年に米国でスタート。既に54万人のアクティブユーザーが存在する。今回のサービス導入は本場アメリカに次いで世界で2番目。FCA本部の好調な日本市場に対する期待の表れと言っていいだろう。

今年2020年も、国内のジープは1月から10月までの累計で10950台を販売。コロナ禍の影響も最小限に留めている。この勢いで前年並みかそれ以上の販売となるか、これからのジープの動向にも注目していきたい。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

Jeep Renegade Trailhawk 4xe 主要スペック

Jeep Renegade Trailhawk 4xe

ボディサイズ:全長4255mm×全幅1805mm×全高1725mm/ホイールベース:2570mm/最低地上高:210mm/車両重量:1860kg/乗車定員:5名/エンジン種類:直列4気筒16V ガソリンターボエンジン/総排気量:1331cc/最高出力:179ps(132kW)/5750rpm/最大トルク:27.5kg-m(270Nm)/1850rpm/使用燃料:無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)/駆動方式:4輪駆動(Jeep ハイブリッド eAWDシステム)/フロントモーター定格出力:20ps(14.5kW)/フロントモーター最高出力:45ps(33.0kW)/フロントモーター最大トルク:5.5kg-m(53Nm)/8000rpm/リヤモーター定格出力:60ps(44.0kW)/リヤモーター最高出力:128ps(94.0kW)・リヤモーター最大トルク:25.5kg-m(250Nm)/2000rpm/動力用主電池:リチウムイオン電池/動力用主電池・総電力量:11.4kWh/トランスミッション:6速オートマチックトランスミッション/タイヤサイズ:235/55R17/ハイブリッド燃料消費率:16.0km/L[WLTCモード燃費]/充電電力使用時走行距離:49.8km[WLTCモード]/EV走行換算距離:48.0km[WLTCモード]/メーカー希望小売価格:503万円(消費税込)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング